ザリガニくんレポート

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人の石井です。

ちょうど一年ほど前の事ですが、我が息子コータローにザリガニブームが起こりました。
私も子供のころザリガニ採ったな・・・なんて懐かしく思っておりましたが、やはり小学生の男子だと一度はザリガニブームが来るのかもしれません。

そこで、近隣でザリガニを捕獲できそうなところを検索すると座間市にある「座間谷戸山公園」なるところが採れるという事ですぐに行ってみることにしました。

座間谷戸山公園は家から車で25分くらい。座間市役所のそこそこ近くですが、行ってみると原生林風の散歩コースや沼、湿地帯などがあり、広大でとても良いところでした。

すぐにザリガニスポットと思われる沼を発見。ネットの情報では1時間で10匹は釣れることもあるなんて書いてありましたが、1時間で10匹どころではありません。
とりあえず、沼のあたりに網を突っ込んでガサガサやってから持ち上げると、泥と一緒に数匹のザリガニを捕獲することが出来ました。このペースなら1時間で70匹はとれるのでは。コータローはそれを見て「今度、栗山さんも連れてこよう」と感嘆の声を上げたのでした。

その公園は外来種であるザリガニが増えすぎることを懸念するため「出来るだけ持ち帰りを推奨」しているのです。
とりあえず、その日は飼える範囲で8匹くらい持ち帰りましたが、ザリガニの飼育は意外と大変でした。私の慣れ親しんだ金魚と違い、適当な桶で適当に飼っているため匂いが半端じゃなく臭いのです。金魚の水槽の様な濾過している水で飼っているわけではないため当然ですが・・・
外に置いておいたら数日でほとんど死んでおり、残りの2匹、小さいやつを光太郎専用の金魚の水槽に入れて飼うことにしました。
しかし、そのザリガニも数日後には死に、ザリガニの事など忘れていたころ思いがけないことが
起こりました・・・

続く

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
3
22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク