まさに、ロマチェンコがち!



石井の小部屋をご覧の皆様こんばんは。
小部屋管理人の石井です。

先日のボクシングブログでオリンピックを連覇したチャンピオン同士の対決についてお送りさせていただきました。

連覇したもの同士の対決ですから各自保有している金メダルは2個ずつ。
よって、二人の金メダルを合わせれば4個。
これだけでもすごい対決です。

ラスベガスのメイン会場にて満員の観客の前で行われた頂上決戦ですが・・・
なんと、終わってみればロマチェンコの圧勝。

開始の1Rは早いステップからリング上を小刻みに動き回り、慎重な立ち上がりを見せたロマチェンコでしたが、2R以降、リゴンドーの動きを完全に見切ったのか、速射砲のような連打を随所に放ち、試合を圧倒的に支配しました。

なんといっても特筆すべき点は、その手打ちのような軽いパンチを次々と当てていく的確さスピードにあります。
まるで、リゴンドーが止まって見えるかのようでした。踏み込んで槍を突き刺すようなストレートは無いのですが、これだけ細かいパンチを雨あられのように打たれれば闘争心は失せるでしょう。

むかえた6R終了時、リゴンドーが自ら棄権を申し出て試合は終了。

この究極の頂上決戦で、棄権するか?・・・

満員の客席からは、ロマチェンコに対する称賛の声と、あっけなく棄権したリゴンドーに対してブーイングの声が響き渡っておりました。

まあ、このまま試合が続いていればロマチェンコのKO勝ちも十分起こったでしょうね。

しかし、すごかったです・・・相手に全く打たせないうまさ。そして恐ろしいほどの足の速さ。
ここ数年はロマチェンコの時代が続きそうです。

その、あまりの圧勝は「ロマチェンコがち」というネーミングまで付いているほどです。
相手に何もさせず、一発もかすらせず、こちらの攻撃はすべて急所をとらえる。
凄すぎです。

私も、将棋で「ロマチェンコがち」したいものです。

今後もロマチェンコの圧倒的な技術を堪能したいと思います。

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
18
25 26 27 28

リンク