ストップのタイミングは・・・

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんにちは。
石井です。

今日のブログは、先日行われたボクシングの世界戦「WBC世界バンタム級タイトルマッチ 山中慎介VSルイス・ネリー」についてお送りしますが、ご存知の通り我らがチャンピオン、山中が4回KO負けにて王座を陥落。
残念な結果に終わりましたが、これもまたボクシング。勝負の世界がいかに厳しいか改めて痛感した試合だったと思います。

さて、この試合・・・山中が連打をもらったところにトレーナーがリング上にタオルを持って入りストップとなりましたが、これが賛否両論、論議を呼ぶ結果となりました。

山中が所属する帝拳ジムの本田会長はトレーナーである大和氏のストップが早すぎたと激怒。元世界王者なども試合後ストップが早すぎたのでは・・・とつぶやいたのです。

たしかに試合をプロモートし、興行として様々な側面から成功させなければならない立場で考えてみれば、目玉商品である山中チャンピオンの豪打が炸裂せずに早々とストップさせてしまったのは納得がいかないかもしれません。現に山中は以前の防衛戦にてダウンをしながらも後にKO勝ちするという試合を見せているだけに、関係者がそう感じるのも無理はないかもしれません。
しかし!あのストップは適正で、これ以上は考えられないくらいのタイミングで大和トレーナーは試合を止めたと思います。

山中は元々ガードはあまり上げず(←強い左ストレートをすぐに打ち込むため)上半身を大きく振る事もしません。左ストレートを一発まともに浴びせれば勝てるというスタイルなので、攻撃先行型、その強打を相手は警戒する為”攻撃が最大の防御”となっていたのが裏目に出たのではないでしょうか。
今回の対戦相手は、私個人、今まで映像など見たことがなく、力量は未知数だと感じておりました。しかし1Rを見て、あまりの難敵ぶりにこのままだとやばいのではないか・・・と実感しました。
その理由として挙げるなら
・山中の左ストレートをしっかりと警戒し(←ここまでは、今までの対戦相手もやっていた)
 ガードは下げない。
・スピードがあり柔軟性に優れている。
・打たれたらすぐに打ち返し後続打を打たせない。
・パンチを様々な角度から放つかく乱戦法にも長けている。
といった感じでしょうか。

一方、山中は細かいパンチをもらうほどカッとなって前に出るためさらに細かいパンチをもらうという悪循環を生み出しておりました。
これは、今までの試合にて、多少打たれても、またはダウンをしても、自分の強打で最終的にKOしてきたという自信から生まれる”強打者特有の悪しき傾向”なのです。

このような状況が続いたわけですから思ったよりも早くその時が訪れました。

迎えた4R、強打は無いものの細かいパンチを被弾し続けた山中は足元もおぼつかなく、一方的に打たれフラフラに・・・

これ以上の試合続行は危険だと判断したトレーナーの大和氏がリング内に割って入り、それを見たレフェリーがストップを宣言したのでした。

あくる日の朝刊にてレフェリー談が掲載されており「もし、タオルを投げられていたら投げ返し試合を続行していた」と話していたそうですが、びっくり!まるで興行主陣営の意志が働いているようではありませんか・・・

山中チャンピオンの状態を考慮してトレーナーはベストをつくしたと思いますが、間近で見ていたレフェリーとトレーナーの全く異なる態度にはただただ驚かされるばかりです。

あくまでも私見ですが、あの状態で試合を継続していれば、とんでもない強打をもらっていた可能性もありますから、大和氏の決断、良いと思いませんか?
選手の安全と健康を第一に考える、これこそトレーナーの役割ではありませんか!

以上。今日もボクシングネタにお付き合いいただきありがとうございます!

ちなみに、タオル投入=ストップという図式が容認されているのは日本だけのようです。
海外では、迷惑なお客さんが勝手にタオルを投げ込んで試合が終わらないように、もしタオルが飛んできた場合、レフェリーが必ず陣営が投げたものか確認してからストップを行います。



この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
18
25 26 27 28

リンク