煮え切らない再戦

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人、そしてボクシングマニアの石井です。

本日、WBC世界バンタム級タイトルマッチが行われました。しかし、王者のルイス・ネリが体重超過で王座はく奪。

近年ではたまに起こるのですが、このような事でタイトルマッチがしらけるのは何とも言えない気持ちになります。
この試合、(元)王者のネリが勝ち、または引き分けで王座は空位。
山中が勝てば山中は新王者という状況になりました。

ボクシングは元々、お互いが公正な条件で戦うために細かく階級を区切るのです。チャンピオンのくせにそれが出来ないなんて、元世界王者の浜田氏に言わせれば「恥ずかしくて町も歩けない」ですね。

浜田氏に説教された方が良いかも↑

さて、試合の感想です。

正直、前回の試合はドーピング疑惑だの、山中のストップが早すぎただの、論議が巻き起こりましたが、ボクシングだけ見るとネリは非常に危険な相手で、独自のタイミングを外すコンビネーション、スピードは特筆すべきものがあると感じておりました。

結果を見てから言うわけではありませんが、再戦の勝敗予想は私から見て、両者が同じようなボクシングを行うならネリが圧倒的に優位に立つと予想しておりました。

ゴングが鳴れば、開始早々、前回の反省点からか山中はテンポよくジャブを放ち、強いストレートを時に打ち込んでネリを調子にのらせないようにしたのですが・・・

あっという間に山中ダウン。これはスリップの判定になりましたがどう見てもパンチのヒットです。その後正真正銘のダウンを1度奪われ、足元もおぼつかないまま1Rは終了。

むかえた2Rネリのテンポ良いコンビネーションが顔面にヒットし山中ダウン。

ここで思い出されるのは、前回の試合にてストップが早すぎたと論議を呼んだ事です。
これにより、一つのラウンドに3回ダウンして、自動的に負けとなるのを待つしかありません。

調子づいたネリはすぐさま後続打を叩き込み2回目、3回目のダウンを簡単に奪い勝利したのでした。

これでWBCバンタム級王座は空位に。

ある意味、技術的には予想通りの展開でしたが、ここまで圧倒的な展開になるとは少し驚きました。
体重超過と言う問題を起こしたネリですが、階級を上げ世界のリングに上がってくることでしょう。良い選手であることは確かです。

そして、山中はこれで引退かもしれませんが、類いまれな強打により一つの時代を築き上げたことは間違いありません。
その強力な左ストレートは海外の選手にもかなりの影響を与えたそうです。

また、この伝統的なベルトを日本人のボクサーが手にしてくれることを期待しております。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
3
24 25 26 27 28 29 30

リンク