蔵の中

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんにちは。

一昨日、栗山氏に突然の代打をお願いした小部屋管理人の石井です。

ボクシングネタの続きは次回に先延ばしするとして今回はリニューアル後初の映画ネタをお送りします。

蔵の中/高林陽一監督(1981年)

ストーリー

ある日、磯貝の経営する雑誌社に、「蔵の中」という小説が持ち込まれるのです。胸を病んでいる美青年・蕗谷笛二と名乗る男が、「ぜひあなたに読んでほしい」と持ってきた小説で、常日頃から持ち込み小説など読まないと豪語している磯貝は美青年の妖しい魅力に惹き込まれその小説を読み始めるのですが•••

場面代わって蔵の中。
ここには胸を病む美しい姉小雪が生活をおくっております。
ここへ看病に来た弟・笛二は、彼女を慕い看病するうちに、やがて「蔵の中」で男女の関係を結んでしまうのです!!

ある日、蔵の中の退屈しのぎに、遠眼鏡で外を見た笛二は、ある光景を目撃します。

それは、磯貝三四郎が、愛人・お静の家に通っている光景でした。

そこで、磯貝と愛人とのさまざまなやりとりを、遠眼鏡越しに目撃することになります。(笛ニは読唇術にも長けている)

遠眼鏡で磯貝と愛人との一部始終を目撃した笛二は、次第にある「確信」を得るようになるのです。

それは、磯貝が妻を殺した、という確信。
そればかりではなく。
愛人のお静もまた、磯貝によって、首を絞められて殺されてしまうという確信を得るのです。

つまり磯貝は、妻と愛人の両方を殺したという事になります。

それが、薄暗い蔵の中から、ずっと遠眼鏡でのぞいていた笛二が出した結論でした。

まあ、こんなお話ですが、磯貝を演じるのは中尾彬。当時、若くてめちゃくちゃイケメンです。

持ち込みの小説を読んで磯貝は驚愕するのですが、それもそのはず、磯貝は殺人など犯していないのです。

これは笛ニの幻想なのか?
それとも別の真相があるのか?
こんな話だったと思いますが、何と言っても印象に残っているのが、姉小雪役を演じる松原留美子さんの恐ろしいくらいの魅力にあります。
 
蔵の中に暮らす聾唖者で胸を患っている役どころなのですが、なんと言うか、蠱惑的、退廃的、妖艶な魅力の様なものが、ごちゃごちゃにアンバランスに融合したような美人で、この映画を見た、当時中学二年生の私は、ものすごく惹かれるのに、あまり人には言ってはいけないような後ろめたさを感じたのでした。

この後ろめたさ•••27年後になって、納得したのですが、まあビックリ!

この映画をレンタル屋で借りて見たのが今から27年前。当時は今の様に簡単にインターネットで情報を検索したりは出来なかったので、特にこの映画の事を詳しく調べたりはしませんでした。

昨日、小部屋に書こうと、この映画の事を調べ、主演の女性について調べ(そういえば綺麗な人だったな•••名前なんて言うのだろう、みたいな)

27年経過した今、その情報を見て驚きました!

当時の私を悩殺した主演の松原留美子さん、実はニューハーフだったのです!

えっ!本当に!(だってこんなにキレイ)
と思いながらも妙に納得がいきました。
元々、姉と弟で通じるという近親相姦の情景もあるので、見ていて後ろめたさを感じるのも当然かもしれませんが、それ以外にも感じるものがあったのは松原留美子さんの特異な性質にあったのですね。(正直、女性より女性らしいかも)

今ではこのような方は多様に活躍されておりますが、元々モデルとして活躍していながら後に男性である事が発覚したそうです。
(当時は相当の驚きを与えた)

蔵の中は絵草紙、能面、枕絵なども飾られている妖しい空間。そこで繰り広げられる秘事。蔵の窓から望遠鏡で磯貝を観察する姉と弟。
笛ニにも魅力を感じてしまいそうな磯貝。

退廃的であり幻想的な魅力もある映画なので、暑い夏に是非!
というほどオススメしませんが。

何故か突然思い出した映画「蔵の中」をご紹介しました!

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
25
26 27 28 29 30

リンク