台北奇行 その3

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

今日で台北奇行、一旦終了です。

今回、初めて十分(じゅうふん)に行って参りました。

ランタンが空に向かって上がっていく光景を、台湾特集の旅番組などでよく目にすると思いますが、あれが体験できます。

十分までの行き方ですが、
まず、台鉄で台北から瑞芳に移動します。
普通、快速、特急(30〜45分)等がありますので、券売機もしくは窓口で台北→瑞芳の切符を買い、乗り込みます。
瑞芳に到着したら一旦改札を出て、十分までの切符を買い、再度同じ改札を入ります。

※券売機では台北→十分の切符を一度に買えません。台北駅で台北→瑞芳、瑞芳駅で瑞芳→十分、分けて買います。ちなみに駅の窓口では全てをまとめて買えるようです。

瑞芳駅はこじんまりとした駅ですので乗り換えに迷うこともありません。
しかし、この平渓線、1時間に1本しか来ませんので注意が必要です。
また、車両は2両です。
平日の昼過ぎに乗りましたが、観光地に向かうとあってかなり混雑していました。
座れないと考えたほうが良いと思います。
それでも川沿いを走る車窓にはマイナスイオン満載の風景が続き、飽きることはありません。
十分までの30分はアッという間です。

到着の直前は店と店の間を割って走ります。



十分駅には改札が無かったような気がします。
瑞芳駅にも切符を回収する人や機械はありませんでした。
ので、このように…



切符がまだ手元にあります。

ランタン上げの良い写真がありませんので割愛しますが、
これがやってみると意外と感動的です。
しかしそれよりも更にオススメしたいものがあります。

「十分瀑布」です。
またの名を「台湾のナイアガラ」

滝です。

それでは見比べてみましょう。
まず、本家「ナイアガラの滝」



上から見ても綺麗ですね。
見事です。
そしておまちかね「台湾のナイアガラ」



似てますね。
間違いなく似てます。
誰が何と言おうと似てます。

これを間近で見るには、駅から坂道を上がり、途中から階段を上り下りして30分くらいかかります。
しかし、それだけ頑張る価値があります。

こちらです。



いかがですか!



写真だと伝わり難いですが、かなりの迫力です。
もう少し近くでも撮影できるのですが、水しぶきが凄くて上手くいきませんでした。

ガイドブックでは控えめに紹介されているスポットですが、ここはオススメです。

平渓線沿いには、まだ紹介されていない名所が、色々とありそうです。
次回は他の駅でも下車して散策したてみたいと思います。


それでは最後に、台湾で仕入れてきたお土産の幾つかを、
読者の皆様にプレゼントいたします。
ご希望の方はメール、LINE、コメント欄などでご希望の商品を適当にご連絡ください。
各お土産、厳正なる、えこひいき有り、先着1名様。
遠方の方にはお送りいたします。

まずは「台湾キーホルダー」



でかいです。
地図はもちろん、高低差まで再現されています。



裏側はマグネットが付いています。
冷蔵庫に貼り付けてみましたが、あまりの重さで開閉の度にズリズリ下がります。



金具が非常に怪しいです。
既に開きぎみ。
この部分を改造しなければ、3日で紛失すると思われます。

続きまして「台北101 箸」



台北で一番高い建物を形どったお箸です。
展望台からの景色は最高です。
外にも出られます。
今回は上ってませんが…
先っぽの作り込みがなかなか見事です。



続きまして「四神湯」



縁起が良さそうなので買いました。
おそらく、スープの素と思われます。
味の保証はできません。

続きまして「大人的甘苦」



これは間違いなく美味いです。

最後に「雪天果」



こちらは私がこれから毎日持ち歩きますので、ご入用の方はお会いした際に、お申し出ください。
とても爽やかなパッケージに魅せられて、初日の夜、コンビニで旅のお供として購入いたしました。
中を開けて衝撃…



外側とのギャップ…
食べて戦慄…

これは在庫がまだまだ沢山ありますのでご心配なく。


次は春か、夏に、初の台南、高雄あたりに行って参ります。

それではまた来週。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
18
25 26 27 28

リンク