手打ちうどんを作る

こんばんは。

昨日、急きょ小部屋執筆を栗山氏にお願いした迷惑な管理人の石井です。

先日、手打ちうどんを自分で作ろうと突然思い立ち実践しました。

とても美味しくてお気に入りだった讃岐うどん屋の味が急激に落ちたので、それなら自分で作ってしまえと考えていたのです。

わたくしクレープ屋をやっておりますので小麦粉のストックが沢山あるのです。うどん粉じゃなくて大丈夫かな?と気になりましたが、まあ、粉には変わりないから良いかと軽い気持ちでチャレンジしました。

ネットで分量を調べると大体300グラムくらいを基準に書いてあるのですが、余っていた小麦粉は500グラム。
おおよそを計算して食塩水を作り小麦粉に混ぜ、こね回し、丸めて冷蔵庫に30分寝かせました。

その後、麺棒で伸ばしてビックリ!
500グラムが多すぎたのか、想像よりも遥かに巨大に伸びてしまいました。そこで三分の一にカットしてから屏風折にして(くっつかないように片栗粉を打ち粉で使用)完成したのがこれ。

早速、茹でてから出汁をとって、創味つゆで味付けしたつゆに入れて食べました。

感想は、苦労して作ったからか、美味しいのですが、思ったより麺が汁と絡まない感じがしました。さらに、ガチガチにコシの強いうどんにしたかったのですが、ガチガチではなかったので改良の必要があるなと思いました。

こうなったら次回はもっと太目に切ることにします!
それよりも、うどん粉を使うべきなんですかね?
しかし、小麦粉が沢山あるので、出来る限り小麦粉で美味しいうどんを作りたいと思います。

懲りずにまたチャレンジして当ブログでレポートをお送りしますね。






この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
6
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク