9月はボクシング月間

石井の小部屋をご覧の皆様こんばんは。
小部屋管理人の石井です。本日は遅い時間の投稿となってしまいましたが久しぶりにボクシングの話題をお送りしたいと思います。

9月は毎年、ボクシングにおけるビッグマッチが行われます。
その理由として挙げるとメキシコの独立記念日が9月16日にあり、記念すべき日をメキシコ系アメリカ人の方々が、親類などで多く集まりパーティーなどを行いながらボクシングをテレビ観戦するという図式が成り立っているからです。

そこで、メキシコ系のスター選手が興行に登場するタイトルマッチが組まれることが多いのですが、大一番といえるのはこの試合でしょう。

ゲンナディ・ゴロフキン×サウル・アルバレス

WBA.WBC.IBFの3団体統一戦として行われますが、無敗の強打者ゴロフキン(カザフスタン)にメキシコのスーパースター、サウル・アルバレスがどのように立ち向かうか?
要注目です。この試合は両者の高い技術、強打、スター性などで考えると、今年行われるボクシングの試合では最も大きな、注目される試合となるでしょう。

ゴロフキンの強打か!
アルバレスのスピードか!

まさに、メキシコの独立記念日を祝うビッグマッチ!楽しみです。

しかし、その一週間前に行われる試合は、我々日本人にとって記念すべき日となるはずです。

日本が誇るボクシングの怪物である井上尚弥がついにアメリカ発上陸。
ボクシングの本場にて防衛戦を行うのです。

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
井上尚弥×アントニオ・ニエベス

モンスターの異名を待つ井上がアメリカのリングにてどのような試合を行うか?
ずばり、チャンピオン井上のKO勝ちを予想します。

様々な難敵をいとも簡単にノックアウトしてきた井上ですが、これほど(日本ボクシング側から見て)勝利を義務付けられた選手は少ないのではないでしょうか。
井上の試合を観る時、勝つか、負けるかという観点ではなく、どのようにして勝つのか?という部分に趣がおかれます。
これはいかに井上が強く、周囲が期待しているかを物語っていると思いますが、9月10日に行われるこの試合、私個人の見解では勝利は当たり前。唯一の懸念材料は「気負いによる堅さ」ではないでしょうか。
アメリカのリングにて世界中に良いところを見せようとするあまり、堅くなり、いつものようにスムーズにパンチが出なく、なんだかんだ混戦になり苦しみながら終盤KOするという図式も考えられます。

しかし、真のスーパースターは、様々なプレッシャーを跳ね飛ばし、勝利していくものです。

井上が真の怪物であれば、早いラウンドでのKOも期待出来ます。

また、そのような快勝をおさめたとき、日本のボクシングにおける輝かしい未来が始まるのです。

(ちなみに放送は全てWOWOWです。)


この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
6
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク