西村寿行

皆様こんにちは。
小部屋管理人の石井です。

本日から新シリーズ(カテゴリ)をお送りします。

その名も「西村寿行」


西村寿行とは私が最も好きな小説家です。2007年にはお亡くなりになりましたが、改めて氏の素晴らしさを一人でも多くの方に知っていただきたく新カテゴリを開設させていただきました。

多くある作品は次回からご紹介させていただくとして、本日は西村寿行氏がどのような方であるか記してみたいと思います。

西村寿行氏は昭和1930年11月香川県生まれ。2007年8月76歳にて生涯を閉じました。
ハードロマンと名付けられた独自のジャンルは、ハードボイルドをさらにバイオレンスかつロマンあふれる(?)作品へと消化し、唯一無二の世界観を魅力的に作り上げております。

そしてこの作者の作品にハマる要因は、その文章力にあります。
無駄なものをすべて削ぎ落した文章はまるで極限まで鍛え抜かれたボクサーのようです。
それでいてとても格調高い文章なのです。これは読んでいただければ納得していただけると思います。
文章にスピード感があるため読者はスラスラと読み進め、作品の面白さも相まってあっという間に読破してしまいます。

多くの作品に見られるものとして、巨大な組織に対し主人公が孤軍奮闘するものがあります。
常に影をまといどこかに悲壮感が漂う主人公も魅力的な人物ばかり。

また、作者は一つの作品を描くのに1メートルにも及ぶ膨大な資料を読むそうです。
印象的なものでは、銃、兵器、諜報機関、動物(特に犬)などに、非常に造詣が深く、読者も物語を楽しみながら普段は持たない情報を学ぶことができるのです。
その他では民俗学のジャンルにも知識が深く、さりげなく名著「遠野物語」からの引用があったりもします。

極悪で強大なテロリストに挑む作品。
災害などを題材にしたパニック作品。
旅とハードボイルドが合致した作品。
誘拐された妻を探し全国行脚する作品。

等々、上げればきりがありませんが、私個人が西村氏に敬意を表して各作品をご紹介していきたいと思います。

次回の「西村寿行」をお楽しみに。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
27 28 29 30 31

リンク