週刊R2-D2 ②

皆様こんにちは。
小部屋管理人の石井です。

先日より光太郎がコレクションを始めた週刊R2-D2ですが、ついに2号目が発売となりました。


今回、どのようなものを組み立てたかご説明する前に本屋でのやり取りをお送りします。

光太郎に頼まれて発売日である23日(火)の夕方本屋へ向かうと、平積みのコーナーには何故か創刊号ばかり・・・
何処を探しても②が見つからないため創刊号を片手にレジへ。
レジのお姉さんに「すみません。これの②ってありますか?」と聞くと、お姉さん、すぐに偉そうな40代の男性店員へパス。
男性店員「あー。これはまだですよ!」
あれ?おかしいな、間違いなく今日(23日)発売だと書いてあったのになあ・・・と考え首をかしげていると、パソコンで調べ始めた店員が「あー今日ですね!」と一言。
とたんに「結構売れてしまって残りが一冊だけなんですよー」と先ほどの自分のセリフを覆す一言を放ち売り場に出て本を探し始めました。
ちょっと探しただけで店頭を探すのを諦め「一冊だけのやつは客注分みたいですねー」
と最低のセリフ。
とりあえず言ったことをコロコロ変える恥ずかしいやつです。
相模原駅のビルにあるK書店のダメ店員(名前忘れた)
「お前はアホか?」

その後、週刊R2-D2 ②は近所の本屋で購入しました。

さて、気を取り直して本編です。
今回はこのようなパーツを組み立てました。


これがどの部分にあたるか今のところさっぱり解りませんが、中央のパーツが油圧式ピストンに当たるそうで、いずれはこの部分が上下に動き重要な役割を担うのではないでしょうか。



さあ、次は③です。来週の火曜日(30日)発売予定。光太郎もまだお年玉が残っているそうですが、残り98冊。どこまで続くのでしょうか?

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク