本を読む女性の色気

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

朝ドラを見るのがようやく追いついてきた石井です。

さて、先日読んだ本の文中に

「読書をしている女より色っぽいものがこの世に存在するなら、教えて欲しいものだ」

と記してありました。

まったく同感です。

少し前の事ですが、その日は珍しく電車に乗り、座って前方を眺めると、目の前の座席には数人の方が座っており、寝ている方以外は老若男女すべてがスマホを触っているように見えました・・・
しかし、一名ほど、おそらく30代くらいの女性が、有隣堂のカバーを被せてある文庫本を読んでいるのです。
昨今、スマホは日常の一部となり、普及率も高く、ネット接続が当たり前で、本の売り上げが減り、電子書籍なるものまで跋扈するこのご時世、紙の媒体、しかも文庫本を電車で読むとは・・・

素晴らしいです。

本が好きな私はとても気になってしまいました。

女性が本を真剣に読んでいるというだけで、その方の品格とか色気がとてつもなく上昇する気がします。
その女性の存在がとても気になり、どのような本を読んでいるか気になって仕方がありません。
女性は終点で降りるようで、それまで一心不乱に読書に集中しておりました。私は、終点に着く寸前に席を立ちあがり女性の対面に立ち、必死の思いで、どんな本を読んでいるか観察したのですが、解りませんでした。
しかし、本を閉じる瞬間に栞を挟んだ見開きのページを確認することができ、奇跡的に本のタイトルを確認することが出来ました。

「大いなる遺産」

おお・・・
ディケンズのイギリス文学ではありませんか。

なんとまあ、予想外の作品であったため驚き、さらに女性の品格と色気が倍増しました。

女性は、このイギリス文学の文庫本を有隣堂で購入し、ブックカバーの色は黒を選択し、その本を電車で読んでいるというわけです。
おそらく、どこの図書館でも置いてあるであろう名作を購入し読んでいるのです。

そのうえ、女性の肩口にはブラジャーの片紐らしきものが・・・

しかもその色は「黒」

白やベージュではなく黒なのです。

完全にノックアウトされました。

黒い下着とディケンズの見事なコントラスト!

皆様も本を読みましょう!



休日を過ごす

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人の石井です。

先週末、のんびりと週末を過ごしました。普段、土日に出店を行うため休みらしい休みは無いのですが、さすがに疲れが抜けず、休息をとった方が良いと思い丸々土日の出店を休みました。

早速、金曜日の夜にスターウォーズのスピンオフ映画「ハン・ソロ」を観に行きました。
金曜日の夜、明日の仕込みを行わなくて良いなんてとても不思議で開放的な気分になりました。



映画自体は、アクションが多分にあり楽しかったのですが、終盤激しい眠さにおそわれクライマックスのあたりで眠ってしまいました。残念・・・

土曜日は、9時頃まで睡眠をとり久しぶりにたっぷりと眠ったのでした。その日は古本屋に不要なCD、DVD、本を売りに行ったところ2万9千円ほどになりビックリ!

夕方より平塚の「七夕祭り」へ行きました。



数年ぶりに行きましたが相変わらずすごい人出。商売柄、様々なお店をチェックしたりしますが、テキ屋も様変わりしたなーと感じました。
やはり、きれいで美味しいそうなお店に行列が出来ており、なかでも「九十九屋」(つくもや、と読むらしい)というお店のベビーカステラは長蛇の列が出来ていた通り、すごく美味しかったです。(写真撮り忘れた)ベビーカステラは探すと一件くらい本当に美味しいお店があるのでご注意ください。

次の日は、光太郎と徹底的にバイクを磨き



バイク屋に向かいオイル交換をしました。

夕方は適当に近くのショッピングモールで食事をしてのんびりしました。

なんという週末でしょう!

一週間ほど休んだ気分になりました。

たまにはこんな休日が必要ですね。

毎日将棋

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人の石井です。

さて、以前にもお伝えさせていただきましたが、わたくしは将棋が大好きです。

下手の横好きと言いますが、下手くそなりに毎日楽しみ、将棋ウォーズと言うネット対戦アプリでは3級になりました。(スタート時は30級から)

様々な戦略があり、その日の体調、心理状態によって対局も大きく異なり、私の大好きなボクシングやサッカーにも非常に通じるものがあります。

得意な(と言うか好きな)戦法は左3間に飛車を振り、角、銀、場合によっては桂馬を絡めて攻撃する「石田流」です。

幾度となくこの戦法を繰り出し、様々な局面を経験しましたが、やはり上には上がいます。
時にコテンパンにやられたりします。

見て下さい。この戦績

205勝218敗
通算で423戦

どれだけやってるんだ(笑)

ちなみに、実際の盤でやるのも楽しいですよ!

これはIさんとの対局途中の図。(逆さまのコマは持ち駒)


私が寄せてますがちょっと解りません。
 

将棋は楽しいので皆様(特に小部屋のメンバー)にもオススメします!

りんちゃん天国へ・・・

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人の石井です。

本日は前回の「技が力を凌駕する」の続きを書く予定でしたが、内容を変更してお送りします。

我が家の愛猫「りんちゃん」が天国へと旅立って行きました。

18才です。

今年で19年目に突入し、この長い年月、病気もせず、まさに大往生といえる最後でした。

りんちゃんとの出会いは18年前。私が某ペットフード店に勤務していた頃でした。
商売柄、子猫を捨てられる事はありましたが、いつから住み着いたのか、3匹の可愛いキジトラの子猫が店の中をチョロチョロと走り回っておりました。

まるでフクロウのような姿↑

当時、デジカメを持っていなかったので、写真をお見せ出来ないのが残念ですが、生後3ヶ月弱くらいか、とても可愛かったです!

その中で一番可愛いネコを飼うことに決め、その出会いから18年の月日が経過するとは···
(他の2匹も無事に良いところに貰われました)

↑元気な頃、昼寝している姿

ここ一週間くらい、寝たきりで、飲まず食わずの日々が続いており、さすがに死期が迫っていると覚悟しておりましたが、一昨日、眠るように息を引き取りました。

無事に天国に旅立って、安心している部分と寂しさが共存しているなんとも不思議な気持ちです。

↑コップに顔をいれて水を飲む姿

昨日、ペット専門の火葬場に行き、葬儀を行っていただきました。

お花を飾り、皆でお別れをして火葬していただきましたが、さすがにこの場面では泣けてきました。

1時間程で火葬が終わり皆で骨を拾いました。骨も真っ白でいかに健康で長生きしていたか伺えるとの事でした。

骨だけを見て率直に感じたのは
「骨も可愛い!」という事です。

皆で拾った骨を骨壷に入れていただきました。帰って飾るとケンシロウが不思議そうに眺めております。


↑ケンシロウ(茶トラ 2才♂)にストーブ前のポジションを譲るりんちゃん。

りんちゃん、可愛かったです!
  
非常に人見知りな性格で、家族にしか触らせないのです。子供なんて特に嫌いで、親戚の子が来たりするとどこかに隠れてしまうのです。

りんちゃんの可愛さを見て、今までネコを飼ったことが無い友人も数名程、ネコを飼い始めたりしました。家族を癒す存在としていつも見守ってくれていたような気がします・・・

ペットの死は必ずやって来て避けられないものではありますが、生き物を可愛がり育てるというのは学ぶべき事が沢山ありますね。

子供たちもそれを十分感じ取ったのではないでしょうか。

特にない日

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

石井です。

今日は何もテーマがないままこのブログを書き進めております。

明日はギオンスタジアムにてノジマステラの試合に出店するのですが、疲れが溜まり、準備をする気力が無く、早寝して早朝から準備を始めようと思います。

普段はパソコンのキーボードにバシバシ文字を入力していくので長文でもさほど苦にならないのですが、今はスマホで書いているため中々はかどりません。

まあ、こんな夜は「戦え何を人生を」でもお聞き下さい。

では、またお会いしましょう!

大型連休は・・・

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんにちは。

小部屋管理人石井です。

GWも無事に終わりました。

今年のGWはどのようにして過ごしたか。こちらの日記(ブログ)にてご報告をさせていただきます。

まずは前半の4月28日~30日は3連チャンでクレープ屋の出店。
5月1日~2日は平日として普通に過ごしました。

4連休1日目

リニューアルしたテラスモール湘南に買い物に行き、そこで光太郎と2人で映画「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」を観ました。
マーベルのヒーロー達が一堂に会するアベンジャーズシリーズの最新作である今回はガーディアンズオブギャラクシーの面々まで集合し、さらなる盛り上がりを見せてくれました。
もちろん内容も素晴らしく、2時間45分を感じさせないほどの面白さ、疾走感を堪能しました。
謎を多く残し、間違いなく次作(2019年春公開)を観なくては理解できない終わり方でしたが、まあ、来春に楽しみが出来たという事で良しとしましょう。
その後、ららぽーと平塚に立ち寄りPHSをケータイに機種変しました。
ただいまYモバイルにてキャンペーン中で、PHSからケータイに乗り換えた方は、なんと!通話し放題のオプション「スーパー誰とでも割引」がずっと無料なのです。
これで私の通話専用携帯は月額1500円(2年後は1000円ちょい)程度で通話し放題となりました。

4連休2日目

早朝4時に出発し「富士急ハイランド」へ。
5時20分には現地に到着しておりましたが、ここは7時から開園のためすでに多くの方がおりました。

絶叫系のジェットコースターなど大の苦手である私は、フリーパスではなく入場券で入りました。
家族が朝イチでドドンパの優先券を入手しましたが、もちろん、私は乗りません。
ただ、お化け屋敷的なものは好きなので、手始めに「血に飢えた病棟」なるものを体感しました。これは、暗闇で椅子に座りヘッドフォンを装着して音だけで恐怖を味わうという斬新なアトラクションなのですが、殺人現場に居合わせたような臨場感は中々スリルがありました。

↑こんな感じ。実際は真っ暗です。
そして極めつけは「絶凶・戦慄迷宮」という病院のお化け屋敷。

これは、お化け屋敷史上最長である900メートルという長さを誇り、その恐怖は世界一と言われているほどのアトラクションなのです。

光太郎と二人でまわりましたが、これ・・・ほんとに怖いです。
歩きながら小学生にはちょっと怖すぎるのではないか・・・と幾度も感じておりましたが、途中で光太郎があまりにも絶叫を繰り返していたため、なんと、お化け役のスタッフの方から「大丈夫ですか?」と声をかけられてしまうほど。
途中にリタイア扉というものがあるのですが、本気でリタイアしたいとの申し出を受けたのでやむなくリタイア。
外に出て、汗びっしょりで恐怖に震えていた光太郎に「リタイアは決して恥ずかしい事ではない」と声をかけました(笑)
個人的には完走したいです(一人では入れないアトラクションですので、誰か誘うしかありません)
帰りは高速道路上りの渋滞にドはまりして家まで6時間ほどかかってしまいました。

4連休3日目

午前中、週末の出店に使用するタピオカなどの宅急便を荷受けしその後、相模川の鯉のぼりへ。

毎年の恒例ではありますが、鯉のぼりの数が減っていた事に寂しさを覚えました。

帰ってから次の日にある出店に関する物を問屋に買い出しに行きました。

4連休最終日

この日は地元ギオンスタジアムにてJ3リーグ SC相模原VSグルージャ盛岡の試合が行われ、さらになでしこ1部ノジマステラVSジェフユナイッテド千葉レディースの試合という2試合開催という面白い興行となりました。

午前中から出店し、2試合分働いたためヘトヘトになりました。

子供店長もかき氷職人として大活躍。

試合は2試合とも相模原のチームが勝利したため大いに盛り上がりました。

とまあ・・こんな大型連休でした。

来年はもっと遊びに専念したいと思います。




スティーブン・キングの作品

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人の石井です。

本日は私の好きな作家であるスティーブン・キングについてお送りします。

スティーブン・キングと言えば言わずと知れたアメリカを代表する大作家です。アメリカを代表するなんて言うとベタな言い方かもしれませんが決して大げさな表現ではありません。

代表作も挙げればきりがありませんが映像化された作品からキングの名前を知った方も多いのではないでしょうか。
有名作品だと「スタンド・バイ・ミー」とか「シャイニング」「キャリー」「ペット・セメタリー」「ミザリー」などがありますし、個人的にも大好きな「ショーシャンクの空に」「グリーン・マイル」等、素晴らしい作品が映画化されております。

しかしキングと言えば小説。
ズバリおススメを数点ご紹介させていただきます。


・11/22/63
ケネディ暗殺を阻止するためその時代にタイムスリップした高校教師の苦闘を描く超大作。キングの面白さが多分に盛り込まれた超おススメ本です。


・ ダークタワー
文庫本にして15冊にも及ぶ超々大作。すべての作品にリンクしておりキングワールド全開!長いですが読む価値あり!


・ ゴールデンボーイ
「刑務所のリタヘイワース」「ゴールデンボーイ」の中編からなる作品。
刑務所のリタヘイワースは「ショーシャンクの空に」原作。
この2編が一冊で読めてブックオフなどで108円で買えるなんて読書好きにはたまらないです。ゴールデンボーイはナチの戦犯と少年の奇妙な交流を描く秀作です。二人の精神的な関係性の描写は見事です。

キング作品はまだまだおススメがありますが、実は読むのが苦痛な本もあるのです。これはキングファンなら周知の事実ですが、なんともダラダラと、くどく、展開がいつまでも続かないのでは?と読者を不安にさせるほどの文章があるのです。
なかでも個人的に読むのを断念した本がこの二冊。
・ トミー・ノッカーズ
・ 回想のビゥイック8
基本的に読み始めたらどんなつまらない本でも読破することを心がけている私でも読むのを断念しました。
あまりにも続きが気にならなかったので・・・

薬物依存症になったキングですがトミーノッカーズはこの時期に書かれたそうで、どうりで・・・と感じてしまいます。

幼少のころから本を好み1973年(26歳)には作家デビュー。
今年、71歳になるキング氏ですが、近年ではさらに創作意欲が増し、良い作品を書き続けております。
まさに、円熟期。
これからもまだまだ彼の本を読んで小部屋でも取り上げさせていただきます。

キング氏の最も好きなところは、彼自身がこよなく本を愛し読書が好きであるという事。
本が好きな人間なら感じる特有の空気感が作品に表れております。





ラジオから流れてくる曲は・・・

石井の小部屋をご覧の皆様、どもども石井です。

皆様はラジオを聞くことがありますか?

私は結構ラジオを聞くのが好きです。

以前より漠然と感じていたのですが、ラジオから流れてくる曲ってなんとなく良く聞こえてしまう気がします。

私の場合、一日の用事が全て終わり、寝る前に本を読みながらラジオを聞きますが、この時DJのおしゃべりが多すぎると本に集中できないので、出来るだけ曲を沢山かけてくれる番組が好きです。
まあ、うるさくないノリだどNHK-FMなんかがおススメです。良質の番組が多いですからね。
おススメの番組はいずれご紹介するとして、先日ラジオを睡眠前に聞いていた時に感じた事があるのですが・・・

先述したようにラジオから流れてくる曲は翌聞こえる気がします。なんとなく曲の品格が上がるような印象を受けますが、これはこの番組を聞いている時、その本人がリラックス状態にあるという事が条件だと思いますが、皆様もそのような印象を受ける事ありませんか?

そんな感じで流れてきた曲がこれ

Sade - Nothing Can Come Between Us


何度かラジオで耳にしたことがありますが、改めて聞くと、都会的で洗練されたサウンドが素晴らしく、ドラムとベースが奏でるリズムなど心地よすぎです。

一日の終わりにこんな曲を聞きながら眠るのは至福の時間だと感じました。

ちなみにこの曲。こんなに都会っぽいイメージなのにレコーディングはフランスのど田舎にあるスタジオで行ったそうです。

サウンドというものは面白いものですね。


新聞を変えてみた

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんにちは。

小部屋管理人の石井です。

本日は新聞についてお送りさせていただきます。

このご時世、新聞を購読する方が減っているそうです。活字離れで本も売れなくなっているそうですが、なんせ世の中にはスマホが普及し簡単にニュース等の情報を入れることが出来ます。

そりゃ、新聞なんて読まなくなるでしょう・・・と言いたいところですが、私個人としては新聞を読むのが好きです。

休みの日にのんびり新聞を読む。理想的な午前中ですが、あくまでも理想であってそのようなのんびりとした午前中が無いのが悔しいのです。

さて、まずは新聞の契約についてです。新聞は携帯電話の契約と似ており、継続には大したサービスが無く、新規のお客さんにはとてもやさしく手厚いサービスを行うのです。

諸事情により新聞の契約と解約を定期的に繰り返している私ですが、ある時、出来るだけサービスしてもらえないかと考え、ネットで様々な情報を調べました。すると、限界までのサービスでは半年契約で一か月サービスくらいではないか。どのように頑張ってもそのくらいが限界だろう。みたいな情報を入手しました。
近所の新聞屋(この一帯を完全に牛耳っているつもりで調子にのっている)に電話して、契約したいから来てほしいと告げると、すぐに担当が来ました。
はっきりと「久しぶりに取りたいから出来るだけサービスしてほしい。二か月くらいタダにして」と告げると、さすがに二か月タダは無理ですが、半年契約してくれれば初月は無料にします。との事。やはりネットにあった情報通り。

半年契約で一か月ただ。

これは黄金比率のようです。しかもその日は下旬というか二十日頃。向こうから今月分もただにしておきますとの事。

これで半年契約で一か月と二十日サービスという事になりました。さすがにこれなら良いだろうという気分になり半年契約しました。皆様もこのサービスについてはご記憶下さい。

しかもこの契約、面白いのが途中で解約しても特に文句は言われないのです。

半年後に再度半年契約し、その後二か月ほどで解約したのですが、特にお咎めはありませんでした。

その後、三紙ほど主要な新聞を読み比べてみましたが、これも各社の特徴が如実に表れており面白いと感じました。

さてさて、次回は読み比べた新聞の感想と、さらなるサービスにつながったお話です。

地味ですみませんが。

発電機2号

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人の石井です。

本日、発電機を購入しました。

ヤマハのEF900FWというモデルです。

発電機があれば様々な場所でカキ氷を作る事が出来ます。
以前、粗悪な中国製発電機を購入しひどい目に合いました。
使用2回目でたまにエンジンが止まり、3回目でなんと!海にカキ氷を売りに行った時に現地ですぐに壊れるという悲惨な目に合ったのです。
もちろん、購入したアマゾンに返金してもらいましたが、カキ氷を販売する予定だった分までの保障はありませんでした。

そこで足踏みしていたのですが、今シーズン、サッカー出店も含めさらなる売上を見込むために購入致しました。

結局、この商売は売上アップするには品目を増やすのが良いのです。

購入後ガソリン、オイルを入れ試運転すると見事に一発起動。

さすがヤマハです。無名のメーカーを買わなくて良かったです。

このマシンを明日からフル稼働しようと思います!

石井がお送りしました。

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク