さいとうの「さい」の字

こんにちは。土曜のありこです。

当方、苗字は齋藤と申します。
関東に来てから驚くほどあちこちに「さいとう」さんが居ることを知りました。病院や銀行の順番待ちの際「さいとう〇〇さーん」と呼ばれるとピクリと反応してしまいます。地元の田舎の方ではほとんど見かけたことが無かったのに。苗字の存在分布って地域差が結構ありますよね。

実は、85種類だか100種類だかあると言われる「さいとう」の字…。
全種類ご存知の方はいらっしゃいますでしょうか。


名前を間違えるのが最大の失礼・タブーと言われるビジネスシーンでもちょくちょく戸籍と違う字を書かれることがあります。
実は、さいとうさん達本人は意外と気にしている人が多かったりします。面倒くさいのであえて指摘はしませんが、内心「あ、違う字で書いてきやがった。こいつマナーに無頓着だな。」と思ってしまったりする訳です。それは他の苗字でも同じかもしれませんが…。

さて、この「さいとう」の元祖は一体誰だったのかと検索してみたところ、平安時代の将軍さま『原利仁』の子、叙用が『宮頭』(今で言う女子寮の管理人みたいなもの)であったことに由来する苗字なのだそうです。

名字の上では「斎藤」「斉藤」「齋藤」「齊藤」などはルーツは全く同じで、明治時代に全国民が苗字をつけなくちゃいけなくなって戸籍に登録した際にどうやらバラバラの違った字で書かれて登録されてしまった(中には間違えただけ!という説も!?)のだそうです。

全国のさいとうさんショック!!

これらのことを以前NHKでも特集されたそうですね。私はその番組を見ることが出来ませんでしたが、民放でこの話題が偶然流れたのを目にした時に写真を撮りました。
え、5種類くらいじゃないの?もっとあるんですか??





いやびっくり。中には象形文字にしか見えないような漢字までありますね。


しかしこの上記写真の数どころじゃないのです。もっともっと沢山あるのです!!
Yahoo知恵袋か何かに色んな「さいとう」さんの字の羅列が載っていました。

齋藤
齏藤
齋籐
薺藤
薺籐
齎藤
齊藤
齊當
齊籐
斎藤
再東
再藤
妻藤
才藤
才頭
歳桃
済藤
済籐
采東
犀藤
斎東
斎当
斎籐
細東
細藤
裁頭
剤藤
財藤
柴燈
佐囲東
佐井藤
佐居東
西塔
西塘
西島
西東
西当
西藤
西頭
西當
西籐
斉東
斉当
斉藤
斉當
斉籐
崔藤
濟藤
濟籐
齋東


上記は50種類なので、85~100種類あるってことは更に倍近く存在すると言うことになります。
うそだろ。齋藤さんびっくり。
いやいや、どんだけあるんですかこれ、笑。



さて、どうやら「斎」の字が一番古く由緒正しいようだと分かった今ですが、やっぱり私は「齋」藤なのです。
とくに「斉」とか「齊」とかのさいとうさんが居る場で、違う字「齋」のさいとうだから!!と強く主張すると相手は嫌な顔をするかもしれませんが(あん?なにか、同じだと嫌なのかお前、というデリカシーの問題)、由来を知ってもなお、それぞれ個別の「さいとうさんアイデンティティ」を持っているのでありました。ご先祖がたとえ同じ「斎藤」さんであろうと、戸籍に書かれた字がその人にとって自分のさいとうの「さい」の字なのです。


みなさんメールとか年賀状とかお気を付けください。
全国のさいとうさん達は意外と気にしています、笑。




余談ですが、香港在住のさいとうさんからちょっと興味深い話を聞きました。
香港のカフェなんかで「さいとう」と言うとフレンチトーストが出てくるそうです。西多(フレンチトースト)と書いてさいとうと発音するからだとか。面白いので次回香港へ行った際には「さいとう」と言って実際にフレンチトーストが注文できるか試してみようと思います!

それではまた来週!
齋藤より

ニンテンドースイッチまたまた発見!

みなさんこんにちわ。
オマタです。

先日たまたま見つけたBOOKOFFを物色していたら、またまた見つけてしまいました。
ニンテンドースイッチです。

最近は、色々ソフトも充実してきて、プレイしたタイトルも3つくらいあるのでそろそろほしいなぁ。と思いつつ、2017年3月の発売から1年くらい経つのでパワーアップバージョンとか値下げしたバージョンが発売されるのでは?などと色々考えて手が出ない状態です。

軽量バージョンとかも出してきそうですよねぇ。ソニーのプレイステーションシリーズは初代機よりも後続機のほうが本体が軽くて、不具合が少なくて安い、みたいなパターンであります。

しかし、家電量販店などでは、そこそこ販売しているのを見かけて需要に対して供給が追い付いてきた感もあり、そろそろ楽に手に入る時期に差し掛かっていると思います。

そんななかBOOKOFFでみかけてのがこちら...


新品定価¥29,980(税別)なんですけども...

ていうかスイッチって携帯性はどうなんでしょう?
電車内でスイッチやってる人は一回しか遭遇したことがありません(笑)


ちなみにとなりにはPS2の中古商品が¥10,000近い値段でおいてありました。



発売当時でさえ¥25,000くらいの値段だったと思うのですが。中古だともっと安く出ているのかな?と思っていたのですが、結構高値で販売していてちょっとうれしくなりました( ´艸`)
ちなみにPS2の中古ソフトは格安かつタイトルも多く、また名作が多いので、まだまだ人気があるのかもしれませんね!




本牧海釣り施設へ行って参りました

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

以前、完成間近のギターを磨いている時に、右手の爪でガリっとやったことがありまして、あまりの腹立たしさで瞬時にバッサリ切って以来、塗装をする時は綺麗に切り落とすことにしています。
爪を切るだけでなんとも開放的になり、作業もはかどります。
そして何と言っても、餌が付けやすい!!

最近久しぶりに右手の爪が伸びております。
爪があるとギターの音にツヤが出て、上手くなったような気がします。
これも悪くありません。


ところで昨日、横浜の本牧海釣り施設へ行って参りました。
関東ではホームグラウンドとしてお世話になっております。

今日は皆様に本牧海釣り施設と釣果をご報告いたします。

この釣り場の一番の魅力は、どの季節でも、釣れる魚の種類が豊富というところです。
そして、常連のおじさんが皆優しい、といったところも大切な部分です。

実際、あるんです。
常連さんが幅きかせて仲間以外はポイントに近寄れない空気を出している釣り場。

本牧ではまず感じたことがありません。

デッカいのが釣れたりすると周辺の常連おじさんが網を貸してくれたり、もしくは網を構えて待機してくれたり、見たことの無い気持ち悪い魚が釣れて思案していると「高級魚だよ!」と料理の仕方を教えてくれたりします。
実際、釣れてしまったのがこれです。



ホウボウ。
いま見ても気持ちわるい。
写真と同じように青い翼を広げて上がってきたのです…
でも刺身にしたら最高に美味かったです。



※手前はアジ

おじさんに弟子入りしているかのような若者もいたりします。
使い慣れない敬語を絞り出す少年や、
例え、敬語もろくに話せないクソガキやヤンキーが相手でも、釣りを愛する者同士、おじさんは皆、誰に対しても優しいのです。

温かいそば、うどん等が食べられる、この季節にありがたい食堂も完備。
この前は
「ごはんが余っててもったいないから食べて〜たすかるぅ〜」
と、こちらの返事を待たずして激盛りのカレーが出てきました。

道具や餌、お菓子などを販売している売店もあり、用具のレンタルもあります。

必要なものは全て揃っているのです。
素晴らしい。


で、昨日はいつもの込山氏と昼過ぎに到着し、投げ釣りの置き竿でカレイを狙い、
短い竿で動き回ってカサゴ、アイナメを狙いました。
餌はアオイソメ。

しかし、開始から1時間経っても全くアタリ無し。

餌が悪い、という判断で売店に行き、満を侍してセレブ餌のイワイソメを購入。
イワイソメはアオイソメに比べ、筋肉質で匂いも強烈、カレイの大好物。カレイを釣るならイワイソメ、これは鉄則なのです。
値段はアオイソメの倍以上。
そうしたらレジのおばさんに、
「最近カニ餌でクロダイがよくつれてますよ!やってみたら?今日なら人も少ないから良いポイントで釣れるとおもうよ!」
と言われました。
カニを餌にする釣りのターゲットはほぼ間違いなくクロダイなのです。
親指の頭くらいの生きたカニを針に付けて足元に落とす釣りです。
知ってはいましたがやったことが無いので、おばさんにカニの付け方を教わり、やってみることにしました。

「とにかくカニが生きたままヒラヒラ動くように付ければ良いのよ!」

という、腰の横で両手をヒラヒラさせる動き付きで、とても解りやすいようで謎の多い説明をしてくださいました。



とりあえず教わった通りの方法でカニを針につけましたが、何がどうしたのか、カニが既に瀕死状態…
何かがおかしい…
次はもう少し甲羅のキワに付けよう…
と思いながら橋桁の横あたりに落としてみました。

すると、なんか変な引きがありました。
上げてみるとカニの甲羅が食いちぎられてミソが出ていました。
クロダイは餌を一飲みせず、チマチマ食べます。
クロダイ釣りが難しいと言われる一つの特徴だと思いますが、
まさにその状態でした。

一投目からクロダイへの期待が高まります。
カニを付け変え、今度はうまいこと元気な状態で二投目…

ここで強烈な引き!
安物のリールがうまく回らない=魚がデカイ
カニ餌=クロダイ

ついに、ついにクロダイを狙って、狙い通りにクロダイが!

巻いても巻いても引きが強く、若干ビビってしまい、大声で込山さんを呼びました。
駆けつけた込山さんもついに来たか!といった感じで見守る中、徐々に水面付近まで魚が上がってきました。

アレ…?
全然黒くない…
これアイナメですよ!
え、ショック…

クロダイではないことに一瞬落胆しましたが、
この時期のアイナメは最高に美味いのです。
そして何よりデカイ!
気を取り直して釣り上げます。

しかし、我々は網を持っていなかったのです。
無理やり上げると糸が切れます。
どうしよかと迷う間もなく、近くのお兄さんが網を持って助太刀してくれました。

そうです。ここは本牧海釣り施設。
皆親切なのです。
本当に助かりました。
無事、陸に上がった魚を管理棟に運び、計測。



本牧のアイナメ大物賞まで惜しくも1センチ足りませんでしたが、39センチ。

これ大きいですよ!
よく太ってていいね〜!
これは立派だね〜!
おめでとうございます!

スタッフの方々が次々と祝福してくれます。
売店のおばさんも騒ぎを聞いて駆けつけてくれました。
なんか、とてもうれしかったです。

とりあえず、今日はこの後もカニで頑張ってみよう、という事になり、込山さんと再度売店へカニを買いに行きました。
おばさんにまたカニを注文したところ、

「本当はね、針は足の付け根から通して、甲羅側に出すように付けるんだって!」

え?

「とにかく、ヒラヒラ動けばいいのよ!」

そうなんです。
実際おばさんが最初に言った通りに付けて釣れたわけですから、カニがヒラヒラ動けば付け方なんてどうだって良いんですよ。
知らないのに教えてくれるなんて、最高です。

ただ、その後、「本当はね…」の付け方をしたら、何度海に投入してもグッタリすることなく、ずーっと生きていました。

結局カニを食われはするものの、調子の硬い竿ではアタリが分かりづらく、クロダイを釣ることはできませんでした。
噂通り、なかなか難しい釣りです。

この季節はとにかく寒いですし、ガンガン釣れる時期でもありませんので基本我慢の釣りになりますが、上手くいくとデカイ魚が釣れる時期でもあります。
まさにそんな釣りになりました。

それにしてもやはり爪が邪魔で餌が付けにくかったです。
塗装作業の前だけじゃなく、釣りの前にもバッサリ切ったほうが良さそうです。

暖かくなったら皆様も本牧海釣り施設にぜひお出かけください!
楽しいですよ!



ところで、オリンピックの陰に隠れて、今週末からJリーグが密かに開幕します。
ぜひお近くのチームの試合に出かけてみてください!

鬼才!日野日出志

こんばんは。

石井の小部屋ふぁいなるの管理人石井です。

日常生活を送っていると、突然思い出す事ってありますよね?
様々な事柄があると思いますが、私は先日、なぜか日野日出志(ひのひでし)の漫画を思い出しました。

皆様はご存知ですが?
日本が誇る恐怖漫画家「日野日出志」を・・・・

日野日出志の作品を知ったのは私が中学1年生の時。夏休みにたまたま本屋へ立ち寄り漫画コーナーを覗くと、そこに「日野日出志」作品集みたいな漫画がありました。
何気なく手を取って読んでみると、その恐ろしい世界観に虜になったのです。



なんといっても目を引くのは、とち狂ったデッサン。

ここまで人間の狂気を描ける人はまれではないでしょうか。

その時、購入した作品に「赤い花」という短編があり↓

細かいストーリーは忘れましたが、恐ろしく綺麗なお花を栽培し販売しているお店があり、他店では絶対に出せない様な配色の花には恐ろしい秘密があるというお話でした。
いかれた主人は、美しい女性を殺害し、その女性を花の根本に植えて養分を取っていたのです。

不条理な作品が多い中、ほのぼのとした情景の絵もあったりします↓


私が最も記憶に残っているのは「七色の毒蜘蛛」という作品で、これまたストーリーは忘れましたが、狂った父親の背中に毒蜘蛛が見えるというお話で、これはあまりのインパクトに読んだ日(夏休みの昼間に昼寝をしていた時)に夢に出てきてうなされたほどです。

日野日出志さんて生きてるのかなーなんて思い検索してみましたが、埼玉在住で存命のようですね。
現在では欧米でも高い人気を誇るとか・・・

ふと思い出したので、私も再びコレクションしようかと思います。



PC用サブモニター

みなさんこんにちわ。オマタです。

オリンピックまっさかりですが、みなさんいかがおすごしですか?
スポーツ音痴の私のような者でもたのしめるのがオリンピックのすごさですねぇ。

さてそんなお祭り真っ最中の中、PCのサブモニターを買いに行ってきました。


↑CENTURY LCD-8000VH2という製品 8インチくらいのサイズ(大きめのスマホくらい)です。カメラ下手なのでめっちゃピンボケしました(笑)


パソコンに小さい画面を増設できるのが「サブモニター」の役割ですが、おそらく普通に生活していて必要性を感じることがあまりないものかと思います。
ノートパソコンはモニターが一体型ですし。デスクトップでこんな小さな画面は使わないと思いますね。

なぜこのようなロマン派商品が欲しくなったのか?
実はこのモニターはパソコンだけでなく、ゲームなどにもつなぐことができるマルチモニターなのです。残念ながらテレビを見ることはできませんが。
さらに電源はUSBからとることができ、PS3やWIIなどの家庭用ゲーム機にも対応しており、手軽にテレビゲームを楽しむことができます。特にゲームは大きい画面だと結構、目や身体が疲れますので。

まあ、完全に娯楽品としての位置づけだと思いますが(笑)
PCで動画やDVD、写真をサブモニターで鑑賞しながら、インターネットや文章作成などをメインモニターで行うといったことを楽しめるのです!!






すみません、全く話がまとまっていません。

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

小平選手の金メダル、最高でしたね〜
今朝のニュースではライバルの李選手との間柄や所属先の病院との関係などが報じられ、感動が更に深まります。

他の競技について色々と書きたいこともありますが、
オリンピックネタに偏りすぎもマズイので、どうでもいいネタにします。

どうしてもオリンピック、サッカーW杯、などの期間中はゆっくり記事を書く時間がありませんので、テキトーな内容になります。
今後ともご了承ください。



少し前に「いいちこスペシャル」という焼酎をいただきました。



瓶がとても美しい。
酒ど素人の自分の感想は、ウィスキーの味がする、
というものですが、麦焼酎とのことなのでそうなんでしょう。

いいちこ、といえばCMです。

焼酎のCMとしては、「いいちこ派」と「二階堂派」に分かれる、と勝手に思っているのですが、
自分はいいちこ派です。

※自分が書く「石井の小屋部屋」の記事の内容は、真贋を事細かにネット検索したり、確認したりしておりませんのでご了承ください。

その時々によって色々ですが、
概ね、二階堂はどのカットも狙っていて、カッコよすぎるのが臭くて苦手です。
いいちこはボンヤリしたカットの連続で最後に商品登場でグッと際立った感じが好きです。

と、いうのはもう15年20年以上前の話。

ちょっと自分のお気に入りを幾つかご覧ください。



この「ウィーンの森」編は緑があまりにも綺麗で今でもたまに思い出すくらいです。
「た〜ったいちどだけ〜の〜♪」シリーズで一番記憶に残っています。
「いいちこ、やさしいよいです」のかっこいいナレーションと「下町のナポレオン」のロゴのハーモニー。



「であ〜いも〜わか〜れも〜しんきろお〜〜♪」シリーズだとこの「南アフリカ」編です。
程よく力の抜けた綺麗な画と、印象的な歌詞とビリーバンバンの歌声が絶妙です。

おそらく、そうとうに拘ったカットの連続だと思いますが、バランスが秀逸なんです。

ちなみに、この「地中海 イビサ島」編、、、



力が抜けすぎていて、伊豆でもなんとかなったようにも見えます。

最近は、ケンブリッジで白々しくホッケー、サンディエゴで白々しくトライアスロン、など、白々しくも美しく意味不明の独自路線を進んでいます。

いいちこのCM、良いです。
とりあえず、自分はテレビCMが昔から好きなんです。



これとか、良いと思いませんか?
これ見てオーストラリアに行きたくなるか?といえば、べつにそんなに行きたくもならないんですが、
拍子とのシンクロのタイミングが絶妙に加減されていて、気持ちいいです。
もしかしたら「小部屋すぺしゃる」でもご紹介したかもしれません。

あ〜かなり話の途中ですが、
今からカーリングが始まりますのでこのへんで。

しかし、カーリングって何試合か見ているとなんか段々と分かったような気になってきて、
次はここに置くんだろうな…とか、
次はこれを弾き飛ばせば…とか、
スキップ栗山の戦術がすぐ頭に浮かぶんですが、
ことごとく違っていて笑えます。

「重めでいいかなぁ〜?」
「う〜ん!」
「そだね〜!」
「バンバ〜ン!てなって〜」
「ガンガ〜ン!てなって〜」
「やってみよう!」

こんな感じのユルユルトークも話題になっている「スマイルジャパン」

この数多ある「〇〇ジャパン」の名称のなかで、唯一シックリきてます「スマイルジャパン」
大ピンチでも本当に楽しげにやっていて、見ていて和みます。

皆さんも是非ご観戦ください。

北海道はうまい…

どもどもうどんです!

この土日で初めて北海道に行ってまいりました!
札幌市内だけを観光したのですがそれでもでかい汗
ホッカイドーはでっかいどーと言いますがでかすぎる…

金曜の夜にジェットスターで成田空港から新千歳空港へ( ̄∀ ̄)(この時は30分ぐらいの遅れだったのですが…あとあとジェットスターがあまり好きになれなくなります…

新千歳空港に降り立ち宿のあるJR白石駅へ!

そして白石駅でやらかす…地下鉄東西線の白石駅やったー泣

タクシー呼んで移動笑笑
(タクシーの運ちゃんは慣れているからでしょうけど雪の積もりまくってる道路でよく70キロぐらい出しながら勢いよく走れるなーと感心しておりました、まあ、ジェットコースターみたいで楽しかったです笑

宿に到着し近場の居酒屋へ。
初めてほっき貝のどぐろ八角のお刺身を食べましたが地魚はやばいですね〜
もうこっちに住みたい!と思えるほど舌触りがプニップニで濃厚な味で美味しかったです( ̄∀ ̄)



その後は3Lサイズの生牡蠣、口に入れた瞬間とろける〜

はぁ…日本酒もう一杯笑

いい感じに酔っ払ってきたので二件目〜

すぐ近くにあるもつ煮込みやさんへ

エビ味噌もつ煮込みをオーダー!
二人前でお腹いっぱいいっぱいw
エビの旨味がギョーっとうまいとこだけ出てて味噌とベストマッチ!!
いやー濃厚で複雑に絡み合いうますぎる…

金曜の初日はこんな感じでした。
また次回お送りさせていただきます!

大人の科学マガジン「活版印刷機」

こんばんは。土曜のありこです。
プラモデルとかテラダ模型とか、何かを組み立てて作るって楽しいですよね。
石井氏の週刊R2-D2に触発されたわけではございませんが、昨年冬に『大人の科学マガジン』を買ったことを思い出したのです。年賀状を印刷するためにと思って買ったのですが…まずは、とりあえず順に話させていただきます。

『大人の科学マガジン』と言えば、これまでテルミンやプラネタリウムの小さいおもちゃのキットがございました。猫がそのミニテルミンで遊ぶ姿をYouTubeでご覧になった方も多いかと存じます。
今回の付録は、小さな活版印刷機だそうです。レトロで可愛い風合いと年賀状の季節だったのもあいまってか、若い女性に大人気という触れ込みを目にしました。当方、若い女性ではありませんが予約注文をしてみました。


マガジン本体には、活版印刷機についてのカラーページが沢山。時代を感じます。きっとこれらで刷られた印刷物はインクの濃淡があり、味わいのある印字であったろうなぁ…と想像が膨らみます。



さて肝心な付録の組み立てです!部品の取り付ける向きを間違えてしまうと、さかのぼってネジを外してゆかねばならず結構面倒なので図をよく観察します。


すみません、組み立て写真は地味なのでまとめます。
※クリックで拡大可

この取っ手の部分のふくらみがレトロで可愛い!

本体の組み立ては割とあっという間に出来たのですが、この印字部分のパーツ切り離しとバリ取り…これがやたら時間かかりました。小さいのでうっかりするとバリ取りの瞬間に大切な文字パーツがピョーンとどこかへ飛んで行ってしまうのです。たかがバリを取るのに一苦労…。
アルファベットの小文字、大文字、平仮名、濁点、記号などを分けないと探すのが大変だったので、100均へ行き仕切りケースを買って来て整理しました。
※クリックで拡大可


いざ印刷へ!!
まずインクを伸ばすための水をスポイトでまんべんなく広げます。次にインクを敷き…くるくるとローラーを回してインクを伸ばします。印字部分をセッティングして…刷る!
※クリックで拡大可



ここで少しテンション落ちるのですが、理由は印字部分がそれぞれ文字1種類につきほぼ1個ずつしかないから。
つまり「い」が3つあると3回位置を調節してセッティングし直して印刷を繰り返さねばならないことになります。



なんとか完成しました!
渾身の力作です(笑)
※クリックで拡大可!!!!!



ここまで来て気が付いちゃったのです。

これ、わざわざ活版印刷機を組み立てて

「い」を何度も印刷するより、

各文字をスタンプみたいにして押した方が

早かったんじゃないのか?
と。


年賀状は1枚も刷りませんでした。
ああ、デジタルって素晴らしい…。

それではまた来週。

オリンピック見てます(石井編)

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人の石井です。

私も栗山氏に続きオリンピックの興奮をお送りします。
本日の羽生君の演技・・・見ましたか?
まあ、ほとんどの方がご覧になったと思いますが、凄かったです。

普段、男子フィギアに興味が無い私でもあれにはビビりました。
昨日の女子スピードスケート小平選手の0.25秒差で銀メダルのニュースは中々難しいものがあり、コースもイン→アウト→インであれば、違っていたのではないかと私も感じました。ちなみに、スタート時インか、アウトか、決めるのはコーチがくじ引きをするそうです。

うーん・・・なんとも残念です。

そんな事を吹き飛ばすような羽生君の演技・・・これは明日のフリーも完成してしまったら、この大会自体の記憶はほぼ羽生君で埋め尽くされるのではないでしょうか。

普段から羽生君は完璧すぎて、まるで少女漫画から飛び出してきたかのようなキャラであるため、いまいち理解しがたい部分がありました。正直、フィギアは見るとしても女子くらいしか興味がありませんでしたが、見事な怪我からの復帰。
これにはスポーツを愛するものとして素直に感動しました。

これは私の好きなスポーツであるボクシングに例えると

バーナード・ホプキンスに痛烈なKO負けをして、1年半のブランク明けにリカルド・マヨルガという超危険なファイターを相手に再起戦を行い、周囲からはさすがに「復帰戦の相手が悪すぎる」「いくらスーパースターとはいえボクシングの現実は厳しい・・・やっとで判定勝ちではないか」などと言う声を一蹴し、マヨルガをボコボコにやっつけたオスカー・デラホーヤの不死鳥の様な復帰戦を思い出しました(←たとえが解りにくくてすみません)

と言う感じです。

明日のフリースタイル、羽生君のための大会として終るか、波乱が起きるか、心して観戦したいと思います。

ジェットタイプヘルメット

みなさんこんにちわ。
オマタです。

いやー先日は、システムタイプのバイクヘルメットを購入したことを紹介しましたが、


使い始めてみると、結構重かったり、閉塞感があったりして結構窮屈です。メリットもたくさんあるのでいいんですが。まあ慣れるまでの辛抱かなと。

で、近場にちょっとした買い物に行くんで、久しぶりにもともと使っていたジェットタイプを使用。

 
↑ジェットタイブはこんな感じで顎が守られていないタイプ。
 

久々に着けてみて思ったこと。

軽い。

こんな軽かったっけ?
こんなに華奢な感じだったけ?とか感じました。よくこれで伊豆とか箱根、高速道路とか走ってたなと、今にして思えば結構怖いですね。でもこの手軽さは近所の街乗りとかには絶大な力を発揮します。

バイク乗りのブログとか、ヘルメット選びの話とか友達の話で「バイク乗るならフルフェイス一択」という意味が少しわかりました。


プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
18
25 26 27 28

リンク