金メダルが4個!!

こんにちは。
小部屋管理人の石井です。

今日はボクシングのスーパーファイトについて

12月9日(日本時間10日)マディソン・スクエア・ガーデン・シアターにて夢の対決が行われます。
WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)×ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)

現チャンピオン ワシル・ロマチェンコ


に対し
現スーパーバンタム級王者 ギジェルモ・リゴンドー

が階級を上げて挑戦するという図式ですが、なんとこの二人オリンピックを連覇しているという輝かしいキャリアを持っているのです。

アマチュアボクシング最高峰であるオリンピックのゴールドメダリストが、プロボクシングにおいても世界チャンピオンになるということはありますが(先日の村田もそう)この二人は二大会連続で金メダルを獲得しているのです!二人合わせて金メダル4個!

最低でもアマチュアの世界で8年はトップでいたわけですね。

ロマチェンコは、相手の技を完全に見切り、リング上を縦横無尽に動きながら徹底的に相手を痛めつけ、一発も打たせずにKOするほどの完成したボクシングスタイル。
リゴンドーは、全く無駄打ちせず、最低限の動きで効果的なパンチを急所に次々と打ち込み、省エネながらも相手の戦意をとことん削ぎ落していくという嫌われ者スタイル(?)

両者に共通するところは、恐ろしいほどの”当て勘”と”防御技術”です。

まるで、「どんな盾も突き通す矛」と「どんな矛も防ぐ盾」の対決。

これはいったいどうなってしまうのでしょうか?

個人的見解で、なんの責任も無く述べさせていただきますが、おそらく
「より、勝利に徹し、ディフェンシブでつまらないボクシング」を貫いた方が勝つのではないでしょうか。
攻撃力が目立った先日のゴロフキン×アルバレス戦と違って、高度なディフェンス技術ばかりが際立つ試合になりそうな・・・

まあ、もしそうなったとしてもプロボクシング世界戦における、初のオリンピック二連覇対決。
高度な技術のオンパレードですからそれはそれで楽しみたいと思います。




金色の野原




みなさんこんにちわ。オマタです。

最近なんか1月並みの気温とか言って寒い日が続いてますねぇ...







で、そんな中、色々気になっていた仙石原に行ってみたわけです。
バイクで。久々に乗って、服装を間違えて寒いのなんのって。。。もう貼るカイロが必要ですね。

それでススキが良い感じで枯れてきていて。金色の野原になっていて。
結構見頃な感じでした。

ナウシカの有名な1シーンを思い出させましたよ。

青き衣の人を探しましたが残念ながらいませんでした(笑)



オルチャタ作り 予習編

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

先日、旅サラダを見ていたらスペインの「オルチャタ」が出てきました。

「オルチャタ」とは、何なのか。

有名人の名前ではありません。
世界遺産でもなく、オルチャタ村、でもありません。

自分が初めてその単語を聞いたのは、スペイン語講師のミゲルからです。
「オルチャタ、オルチャタ」言っていたのです。

「夏にスペイン行ったらオルチャタ飲んでね!」

と、度々言われました。

そうです!オルチャタとは、スペイン伝統の夏の飲み物なのです。

自分はミゲルのイチオシをすっかり忘れてすっぽかし、まだ飲んだことがありません。
旅サラダで見ていたら無性に飲みたくなってきましたので、
作り方を検索しました。

材料は下記の通りです。

Chufa (チュファ)
砂糖

シナモンスティック

以上です。

まず、「チュファ」ですが、これはザックリ説明すると草の根っこです。
写真はこちらです。



こうして整然と並んでいると野菜に見えなくもないですが、
単体で見ると、、、



どうみても雑草です。
この「カヤツリグサ」の地下茎の豆のような物体を「チュファ」と言います。



非常に不安です、、、

「チュファ」は近年「タイガーナッツ」という名称でスーパーフードとして扱われているようで、簡単に入手可能です。

まもなく届きますので、次回オルチャタ作りの模様をお伝えいたします。

スターウォーズについて

石井の小部屋ふぁいなるをご覧頂きありがとうございます。石井の息子の光太郎です。小学4年生です。年齢はあと少しで10歳になります。よろしくお願いします。


スターウォーズ最後のジェダイについていろいろ説明したいと思います。この映画では、前の作品のフォースの覚醒で、最後に、出てきた伝説のジェダイ、ルークスカイウォーカーが、この話で、大きく関わってきます。元ルークの弟子、カイロレンが、ルークを 
殺すために、前の作品では、レジスタンスの、ポーダメロンを、捕まえて、聞きだしました。それで、BB8が、ルークの、地図を持っている、と言う事が分かりましたが、BB8は、レイと、一緒に行動してました。それで、レイをフォースで捕まえて、レイから、聞き出そうとしましたが、レイの、フォースは、強く、カイロレンが、思ってた事をレイに言われて、師匠の、スモークに、相談しに行って帰って来ると、レイが、自分の力に、気付きはじめて、トルーパーに外しなさいと、行ったらフォースで、ゆうことに従いました。 

最後のジェダイでは、新しいキャラクターが、登場します。可愛いのが、ルークの、いた島で、いた、鳥みたいな生物、ポーグ 

帝国のドロイド、BB9E 
帝国の指導者レッドガード
カイロレンのファイター
これで話は、終わらせたいいただきます。またお会いしましょう。さようなら。




pc欲しいなぁ~

こんにちわ。オマタです。

仕事でパソコンを使うので、先日 ヨドバシカメラに見に行きました。
持ち運びしやすいヤツなら画面のサイズは10インチくらいかな?
と思い見て回りましたが、ほぼ無いですね。タブレットならたくさんあるのですが。タブレットは苦手なので買いません(笑)

11インチくらいのサイズのノートパソコンなら少しは出回っているようです。時代の流れは、大きいサイズのノートパソコンを求めるものなのでしょうか?


値段も安く、3万円台で、CPUもインテルのCeleronが入っている機種がありました。重量も軽く持ち運びしやすそうで良さげなんですが、何か心にひっかかるものがあります。

一言で言えば


「冴えん!」

emoji





なんかパッとしないのです。


やはりパソコンというものは選びに選び抜いたこだわりの一台でなければなりません。
そうそして、その一台とはキーボードにもこだわり抜いた「ThinkPad 」でなければ!!

自分は、ThinkPadというノートパソコンブランドのファンということをヨドバシで再認識させられました。



でも値段が高いんです。と思って調べてみたら、結構安い機種も出てるんですねぇ。ThinkPadでも。10万円以下の機種もけっこう販売されています。

欲しいなぁ。

などと迷ってしまう今日この頃です。


新しくなったフェンダージャパンと木材の枯渇問題

どもどもうどんです。

ここ最近音楽業界とは離れた仕事をしていたのですが、今日本屋さんに寄ったついでにギターマガジンを手にしました。

そうしたら見開き1パージ目で入ってきたのがフェンダートラディショナルジャパン…

僕が知っているのはフェンダージャパンがなくなり独立法人化したフェンダーが日本にできたとこまででした。
山野楽器さんがギブソンフェンダーを、神田商会さんがフェンダージャパンをやっていた時代がもう懐かしくも感じます。

今のフェンダージャパンをフェンダートラディショナルシリーズというのですね…
G &Lでもトラディショナルシリーズってのがありますから意味は同じなのでしょうかね?



作っているところは同じ(なのかな?)
でもコンセプトがかなり変わっていると思いました。

昔のジャズベースはバスウッドボディにローズ指板メイプルネックだったものが今はエボニー(本物?)になってるんですね…
材料の輸入ができなくなったからなのでしょうか?

ワシントン条約によりローズウッド系の木全てが制限されたばかり…そのため普段から使っている紫紫檀と言われるローズ材が使えなくなりこういった手を打ったのかなと…



なんだかなーです


将来ローズウッドのないギターしか作れないと思いとなんだかなーです。


ココボロ、ホンジュラスローズ、そして僕が大好きなブビンガも…規制の対象になるとかならないとか…

ウェンジは大丈夫なのね…

なんだかなーと思いながらもしょうがないのかなと思ううどんさんでした。

10種類のバター食べ比べ

こんにちは。土曜担当のありこです。
今回は貴族らしく、それなりに時間とお金をかけ、身を挺したレポートとなっております。

原料が生乳と食塩のみの「有塩バター」を10種類、食べ比べしてみました。
あくまで個人的な主観による内容なため、メーカーの方々はどうかお気になさらないでください(笑)。

黄色いパッケージの雪印とか明治のバターは皆さん味もご存知だろうしあまりにもありきたりなため、食べ比べましたがあえてここには記載しません。

バターだけだと正直つらいのでそれぞれ少しだけ舐めた後に、VIRONのやたら美味しいバゲットや、モンタボーのジャポネ、雑穀クラッカーなども一緒に食べることに。

色についてのレポートは途中まで書こうと思っていましたがやめておきます。なぜかというと、ほんの少しの黄色味の違いはあるものの、全部オフホワイトだからです。ほら、この通り!
(ちなみに上記1枚目の写真は一番左の白いのがカルピスバター、真ん中のふたつがトラピスとよつ葉、右端がエシレ。2枚目の写真は左が小岩井、右が帝国ホテルです。)


さて、それでは個々のレポートに参りたいと思います。

==========================


◆1つ目 よつ葉 パンにおいしい発酵バター

比較的手に入りやすい発酵バターですね。量は少ないですが、紙に包まれている訳ではなく容器がパンに塗りやすい形状です。
味と価格を考えるとすごくお買い得な気がして、企業努力かなと思います。


-----------------------------
◆2つ目 エシレバター

貴族な皆さんご存知、フランス産です。ブルーノートでも食べられる高級バター。
その辺のスーパーでいつも売っているバターは180g~250gで数百円も出せば手に入りますが、このバターはたった50gで600円近く!!つまり、グラム単位にすると10倍以上もする価格帯です。


-----------------------------
◆3つ目 カルピスバター

一番クリーミー!香りや塩気は上品で抑えめな印象です。バターというかクリームっぽくて、ゆるぎないファン層が居そうです。特撰らしく化粧箱に入っており、その分が価格に反映されているのか?さすがにエシレバターほどではありませんが、他のバターよりはだいぶお高め。450gで1,500円前後です。


-----------------------------
◆4つ目 リーガロイヤルホテル マイルドバター

ニュージーランド産です。黄色いパッケージのよく見かける国内の某バターと近い感じの味でした。固形だと少し油が主張するので、熱いパンに溶かして液状化したら美味しい部類かと思います。トースト向きです。


-----------------------------
◆5つ目 北海道乳業 北海道バター

シンプルなパッケージです。消費者に媚びないデザインに好感が持てます。これは塩分が断トツで強め!くせになる味なので一定のファンが居るかもしれません。


-----------------------------
◆6つ目 トラピストバター

このバターはベーシストの方に教えていただきました。缶バターっていうだけで既に素敵!修道院で作られているそうで、それもまた素敵。バタークッキーなども売っているそうで、修道女さんが作ったものと牧師さんが作ったものと味が違うという噂を聞きましたが本当でしょうか。さておき、クリーミーで香りや塩味もバランスが良く美味しいです。


-----------------------------
◆7つ目 神津 ジャージーバター

こちらも缶バターです。蓋の開け方がすごい。真ん中の写真のように缶の裏側に開け方が記載されているのですが、コインを使い、てこの原理で上下させて開けます。10円玉を差し込み上下させると、「パスッ」という音と共に蓋が開きました。味については、トーストか洋風料理など熱を加え液状にする方が向いている印象のバターでした。


-----------------------------
◆8つ目 小岩井 純良バター

瓶バターです。お歳暮などで目にすることも多い気がするこのバター。開けてみると…見てください、この美しい渦巻き!
価格もちょっと頑張れば買えるくらい、普段スーパーでよく目にするバターの倍程度の値段です。味も多くの人に好感を持ってもらえそうなバランス。


-----------------------------
◆9つ目 帝国ホテル 特選発酵バター

こちらも瓶バター。113gで900円超え。価格はエシレに届きそうなほど、なかなかお高めです。チャーン製法なのだそうです。
美味しいに決まっているといった感じです。セレブを味わいたい方にぴったり。日本人ならではの生真面目さ繊細さが感じられます。




-----------------------------
◆10!! 手作りバター


分離させる容器と生クリームで作ります。
塩味の濃さも後からいかようにも出来ます。手塩にかけるわけですからこちらはプライスレス?愛情が違います、笑。えこひいきしてアレンジバターを掲載します。
容器に生クリームを入れてブンブン振ります。
数分で簡単に出来上がります。
そのまま食べてみたりトーストに塗ってみたり。生クリーム感が健在、フレッシュさ満載な素朴な味です。
パセリやハーブを入れてお弁当のおかず、炒め物に。レモンピールやガーリックバターなど香りバターを作る人が多いようです。
ラム酒に数日レーズンを漬け、自家製ラムレーズンを作ります。
レーズンバターを作りました。冷凍庫で固めました。夏場に作るには向かない食材です。
レーズンを漬けたラム酒はホットミルクに入れて飲みました(もはやバター関係ない)。



===========================


バターは冷凍可能なのがありがたいですね。


ハートマークまで付けといてアレな結論ですが、バターはやっぱり自家製より高級なものを買う方が美味しいです。

冒頭の繰り返しになりますが、評価は勝手な個人的主観によるものなのであしからず。
香りの強いもの、はたまたクリーミーなもの、皆さんそれぞれ好みが違うと思いますので何かの参考になれば幸いです。

それではまた来週!さようなら。

紅白

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

昨日の石井氏の記事にロベルト・バッジョのことが書かれていました。
20年くらい前にJOMOカップというJリーグ選抜 VS 外国籍選手選抜の試合でバッジョが来日し、国立競技場に観戦に行きました。
最晩年ではあったものの、自分の肉眼でバッジョのプレーを見られて本当に感動でした。
これがその時の試合後の写真です。



見事に手の向こう側にバッジョが隠れています…



ところで、
昨日紅白歌合戦の出場者が発表されました。

大御所の紅白卒業が増え、年々メンバーが寂しくなってきたように感じます。
それだけ歳をとったということなのでしょうか…

年1、聴きたい歌ってありますよね?
年1しか聴いてないのになんとなく歌えてしまう歌とか、だいぶ名曲なんだと思います。
マンネリ枠は確実に残してもらいたいのです。

たま〜に、
まつりでもなく、与作でもなく、北の漁場でもない、、、
冬のリビエラでもなく、襟裳岬でもなく、おふくろさんでもない、、、
北酒場でもなく、浪花節だよ人生はでもなく、矢切の渡しでもない、、、

そんな時のガッカリ感はかなり堪えます。
でも大概どれか聴けます。
全員マンネリ名曲だったりすると目が離せません。

しかし、上記は全て卒業された方々の名曲。

そんな大御所の合間に、初出場の歌手が緊張感漂わせながら故郷に向けて晴れ舞台頑張る!という紅白歌合戦の雰囲気が好きでした。

最近は曲間のアトラクションも尺が長くて退屈ですし、
だったらフルコーラス歌わせてあげたら良いと思います。

なんか文句ばかりになっています。笑

そんな中にあって昨年は、高橋真梨子さんの歌が本当に素晴らしく、紅白で久しぶりに感動しました。
飾り気のないステージにギター、ベース、ドラム、ボンゴ、グロッケン、キーボード3人…
キーボード3人!!!
か、カッコイイ。
控えめな演出と歌手を立てる演奏で、歌が際立っていました。

今年も出場されますので必聴です。

期待のマンネリ枠は、石川さゆり、坂本冬美、天童よしみ、松田聖子、五木ひろし、郷ひろみ、くらいでしょうか。
天城越えは去年歌ってましたから今年は違うでしょうし、、、
前奏だけでも聴きたいですね。天城越え。
これよりカッコイイ前奏聴いたことないです。

個人的にはエレファントカシマシが楽しみです。
今年はNHKに度々出ていましたので期待しておりましたが、デビュー30周年にして遂に初出場。

今年も、笑ってはいけない、とボクシング、を録画しつつ、
紅白をチラ見しながら年末を過ごします。

以上、紅白へのグチ、でした。



イタリアまさかの予選敗退・・・

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんにちは。

小部屋管理人の石井です。

早速ですが、本日はサッカーの話題をお送りします。
すでにニュースにてご存知の方もいると思いますが、イタリアがワールドカップ予選にて敗退いたしました。
イタリアといえばワールドカップにて優勝経験もある超強豪国です。


私の世代ではなんといってもロベルト・バッジョです。
彗星のごとく現れた自国開催のイタリアワールドカップ。
94年灼熱のアメリカにて行われた大会では決勝でPKを外し敗退。
00年フランス大会(日本が初出場した)では、初戦のチリ戦で見事にPKを決め(この場面でバッジョに蹴らせたマルディーニ監督もあっぱれ!)ベテランの円熟期を見せつけ華麗に復帰。
とにかくそのサッカー人生はドラマばかり。

まあ、ロベルト・バッジョだけではなくイタリアといえばセリエA。
以前は、ミランの黄金期やチャンピオンズリーグ常連のユベントスなど世界のサッカーリーグの中心でありましたが、今では、スペインリーグ、プレミアリーグにスター選手が流失している気がします。
それでもユベントスは強いですが・・・

まあ、とにかくイタリアが敗退したという事は、ワールドカップにブラジル、アルゼンチン、ドイツ等が出場しないのと同じような事なのです。

堅い守りで耐え抜くサッカーはスペインリーグなどを見慣れた感性で見ると時に退屈な時間もありますが、ここぞという時の勝負強さといったら世界でも屈指のレベルです。

しかし・・・予選敗退。

この敗退によりキーパーのブッフォンも代表のユニホームを脱ぐとの事。
寂しい限りではありませんか。

イタリアが出場しないワールドカップに日本が出場して良いのかと思ってしまいますが、勝負の世界は厳しいもの(特に欧州予選は過酷なつぶしあい)

これはこれで本大会を楽しみに待つしかありません。


魚も飼ってみたい

どーもオマタです。
近所のペットショップとかにブラッと立ち寄ると、可愛い魚が泳いでいて、どーも買いたくなりますね。値段も安いですし。そんなに高価な魚とか、珍しい魚が飼いたいわけではないので。気軽に飼って癒されたい感じです。






以前飼っていたので、水槽だけはありますが、ライトとか増設したりしたいですねぇ。


あとヒーターとかどうなのでしょう?熱帯魚とか挑戦してみたいですが、部屋を空けることが多いのでなんか火事とかにつながらないか心配です。ヒーター壊れて魚が煮えたりしても嫌ですし(。-_-。)。そもそもヒーターはどんな感じなのでしょう?
門外漢なので、よくわかりません。

温度管理無しで飼えるとGOODだなぁ。あとメダカみたいに小さめの魚がいいなぁ。てかメダカしか選択肢なくね???

みたいなことを考えながら家に帰ると、部屋が散らかっており水槽を設置するスペースなど皆無(´・ω・`)


まあ、飼うのはまた今度の機会で (笑)

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
25
26 27 28 29 30

リンク