世界カバン博物館

こんばんは、土曜のありこです。
最近知ったのですが『世界のカバン博物館』なるものがあるのですね。
浅草にある鞄メーカーのエース運営の施設で、入場料無料です。

この小部屋の住人で、以前トランクを買っていらっしゃった鞄好きなオマタさん、
近くに行かれる際はお立ち寄りいかがでしょうか?
世界カバン博物館
1階受付のおじさんに「写真撮っていいですか?」って聞いたら、「どうぞどうぞ、上の階に沢山ありますよ」と。

鞄の歴史についてのパネルがあり、奥へ進むとかなりの数の鞄が展示されています。
まだ飛行機ではなく船旅が主流であった頃の、実際に使われていた鞄。
ワードローブトランク 船旅の鞄
写真右の鞄に貼られているステッカーを見ると、ジュネーヴの「HOTEL SUISSE」やインドの「MAJESTIC HOTEL BOMBAY」などの滞在先、「NYK LINE」日本郵船と日本国旗。持ち主のバックグラウンドが想像できます。

船での長旅に使われていた、こんな素敵なワードローブトランク。
ワードローブトランク ワードローブトランク

他にも、左が欧州の鞄、右がアメリカの鞄。
ヨーロッパの鞄 アメリカの鞄

ジュラルミンかっこいい。
ジュラルミン

フランスの化粧品専用鞄。上流階級のお嬢様が「パンが無いならケーキを食べればいいじゃない♪」なんて言いながら旅先でこの鞄を開け、化粧水をぱしゃぱしゃしていたのでしょうか。
化粧用かばん

アフリカの鞄が面白いです。
左がセネガル、空き缶を再利用したアタッシュケース。柄が可愛くてなぜかお洒落。
右はスリもうっかりすると手を怪我しちゃいそうな、ケニアの王冠を再利用した鞄。
セネガルの鞄 ケニアの鞄

日本の古い職業専用鞄も味があります。左はお医者さん、右は郵便やさんです。
細部の精巧さに、made in japanらしさが垣間見えるようでした。
医者の鞄 郵便やの鞄

江戸時代の長持も鞄っちゃー鞄なんですね。
…そうなのか?……きっとそうなんでしょう。


登山家の三浦雄一郎さんや卓球の愛ちゃんが使用した鞄なども展示されていました。
下記は長嶋茂雄さんのプロ野球選手時代の鞄だそうです。
長嶋茂雄かばん

他にも色んな国の鞄…トルコの絨毯みたいな鞄や、民族色豊かなマサイ族なんかの鞄、
革鞄のお手入れ方法コーナーなどもありました。

 
私も革製品とか使い込むと味が出る感じの物が大好きなのですが、
良い物ほど大事にしまい込んでなかなか使わなかったり。
これからはクローゼットから時々は出して使ってあげようかなぁ…
などと思った日でした。

とにかくワールドカップ

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

毎日寝不足の石井です。

とにかくワールドカップの話題、特に大迫のパンパない伝説がTVを賑わしております。

日本代表の試合は明後日に応援しましょう。

さて、毎晩各国の様々な個性がぶつかり合い、我々を楽しませてくれますが、本日に行われたアルゼンチンvsクロアチアはとても楽しめました。

なんと言っても、メッシに気を使いまくるアルゼンチンとモドリッチを軸に素晴らしい中盤を構成したクロアチア···

チームの完成度が違いすぎました。
アルゼンチンはディ·マリアなど好きな選手も多いのですが、とにかくメッシにパスを出しすぎ。
自分で打開してシュートを打てば良いのに···というシーンが幾度も訪れました。

対してクロアチアはモドリッチのプレーにしびれました。広い視野、献身的な運動量、決定力の高さ、さすがに世界最高の10番と称されるだけはあります。


↑モドリッチ

終わってみれば3-0でクロアチアの圧勝。クロアチアは決勝トーナメント進出が確定。
アルゼンチンは絶望的に。

これがワールドカップの怖さですね。
思い起こせば、ワールドカップとEUROを制覇し優勝候補の筆頭だったスペインが前回のワールドカップではグループリーグ敗退しましたからね。

日本が所属するグループだって、1抜けコロンビア、2番ポーランドという大方の予想に反して、この2チームが初戦を落としてしまったわけです。

やはりサッカーはやってみなければ解らないですね。

引き続き心して観戦したいと思います。

バイクでギターを運ぶ

みなさんこんばんわ。オマタです。


さてさて。所用でギターを運ぶことになり、電車だと億劫だったので、バイクで移動しました。

楽器屋時代はバイクでギターを持ってくる人々も多く、たいして違和感がなかったのですが。実際やってみるとなかなかハードな行為です。
ギターケースはソフトケースで背負えるタイプなので問題ないとしても。


まず。そもそも、バイク乗ってる人でギターケース背負ってる人、見ないですよね。楽器屋時代は本当に気にしていなかったのですが。結構恥ずかしいです。ギターのヘッドの部分がヘルメットより上に出るわけですから。

あと、でかい荷物を背負うというのは不慣れな行為なので、結構バランスを取るのに苦労しました。すり抜けとかして、車にギターをぶつけても損するだけなので、もちろん安全運転です。

そして。この時期に怖いのは雨。ギターに雨は天敵ですよね。安いギターといっても、お気に入りの一本なので、あんまり濡らしたくないですし。



まあ帰りに小雨に遭遇して結構濡れましたけど(笑)



サイドバック着ける場所にギターケースぶら下げたらどうか?とかアホなことも考えましたが。
よく海沿いで、原付にサーフボードぶら下げている人たち見ますよね。あれのギターケースをぶら下げている感じになるかと。バイクですべて済まそうというバイク中心の考え方が、ライダーの悪いクセかもしれませんね(*´Д`)

素直に車に乗るか電車移動しましょう(笑)

やはり、これに触れずにはいられません。日本vsコロンビア

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

昨日の試合、本当に感動しましたね〜



香川選手、今までチキンハートとかミドリマキバオーとか色々言ってすみませんでした。

開幕以来、どの試合も熱戦続きで楽しんでおります。
特にアジア代表として出場している、サウジアラビア、イラン、韓国の3チーム、
スアレスのいるウルグアイ、石井の小部屋をあげて応援する事になったパナマ、
これらのチームは特に気合いを入れて観戦しておりますが、
やはり日本戦は特別ですね。


開幕直前にNHK BSで特番があり、
岡田監督(岡ちゃん)がMC役で、
ラモス(カリオカ)、木村和司(魔術師)、水沼貴史(解説者)、山本浩(元NHKアナウンサー)松井大輔(ル・マンの太陽)といった超個性的な出演者と共に、日本サッカーの歴史、過去のW杯での奮闘を振り返っていました。

野球で例えるなら、川藤幸三(浪速の春団治)のようなハートと、野村克也(ノムさん)のようなインテリジェンスを持ち合わせた、岡田監督の凄さを再認識させられました。

詳しくは再放送があるはずですので、ぜひご覧ください。
「岡田武史とレジェンドたちが斬るFIFAワールドカップ」です。

その中で岡田さんが最後に言っていたことがとても印象的で、
私も気持ちを新たにしました。
ネットのスポーツ記事にも載っていましたが、、

全く期待されていなかったW杯南アフリカ大会時、チームを率いていた岡田さんは、大会数日前に「本田のワントップ」というそれまで公式戦でやった事のないシステムに急遽変更します。
その判断が見事に功を奏して予選リーグを勝ち上がり、無理だと言われていた決勝トーナメントに進出しました。
しかしその時、岡田さんが結果を残した事が気に食わず、予選突破を喜んでいないサッカー関係者が何人もいたようです。
それこそが日本サッカーが強くなれない理由だ、と断言されていました。

岡田のことは嫌いでも、大嫌いでもいい、でも、俺たちの代表!という思いで応援してほしい。

サッカー強国と言われるアルゼンチンなどでは、監督批判、選手批判は常に強烈なものがあるが、いざ試合となればたとえ大嫌いな監督が率いていても「俺たちのチーム」を一つになって後押しする。
でも日本にはそれがない。

あの監督は嫌いだから応援しない、あいつが出るなら応援しない、という考え方を変えていかなければいけない。
監督選考、選手選考、について色々あるかもしれないが、
「俺たちのチーム」という感覚が広がれば日本サッカーはもっと発展する。
西野ジャパンも俺たちの代表チーム、愛を持って応援しよう!

という内容でした。

前々回の記事に書いたとおり、4年に1度のW杯、ゴタゴタ言わずに応援しよう!といった気持ちから更に愛を上積みして応援しました。

コロンビア戦の栗山の勝手な分析としては、
相手チームのメンバー交代が結果的に全て日本にとって有利に働いた、と思います。
退場者が出たことで、試合開始から動きの良かったクアドラドを前半途中で交代。
後半にはこれまた攻撃の核になっていたキンテロがハメスロドリゲスと交代。
ウイイレであればクアドラドもキンテロも絶対に残すところですが、名将と呼ばれるペケルマン監督だけに、冷静にバランスを考えた交代策でした。
が、入った2選手がどちらも試合から消えていました。
ハメスロドリゲスに至っては明らかに動きが重く、ディフェンスを放棄したような状態。
この交代は本当にラッキーでした。

試合開始前の国歌演奏でハメスロドリゲスが、もう試合に勝ったかのような悦に入った表情で歌い上げているのを見てクソゥ…という感じだったので、試合終了間際にイラつきながら反則を繰り返す姿を見て、なんかとても痛快でした。

それにしてもコーナーキックから大迫のゴールが決まったのは感動で、セットプレーについては1人多い、1人少ない、という有利不利はほとんど関係ありません。
高校サッカー史に輝く名言
「大迫ハンパないって!」
いつの間にか
「大迫ハンパねぇ!」
に変化。
が再び轟くことになるでしょう。
本田のコーナーキックのボールスピードと落差も凄かったです。
測ったかのように大迫の頭の上に落ちてきました。

結果的に、本田も、香川も、選出して正解でしたね。
冷静な試合運びができたのも、ベテラン中心のチームだった結果だと思います。

全てがうまく回って最高の展開でした。

日本vsコロンビアの後に行われたセネガルvsポーランドもしっかり観戦しました。
次戦のセネガルの傾向と対策も栗山的には万全です。
とにかく、セネガルに先制されると大変なことになりそうです。

先制される→攻めないとダメになる→前に前に行く必要がある→足が長いので不意にパスカットされる→前に行っているので後ろがガラ空き→カウンター→セネガル凄い足が速い→失点

これのループになると思います。
乾、原口、のエリア内へのドリブル侵入によるPK獲得に期待しつつ、1度2度必ず訪れる決定機を確実に仕留めるしかないように思います。

セルジオ越後氏が言っていました。

「決定力不足という言葉は、1〜2試合、ゴールが決められないチームが使う言葉。
何試合も決められないのは、ハッキリ言って実力不足!」

さすがです。
そのとおり。

今朝も
「昨日のコロンビアなら勝って当然、もっと点が取れた、この結果では得失点差で泣くことになる」
と、早速辛口のコメントを残されておりました。

愛を感じますね。

セルジオさんを見返すような決定力を期待しつつ、
日曜日のセネガル戦、俺たちの代表を応援しましょう!

ついに日本代表の試合が···

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人の石井です。

ワールドカップロシア大会盛り上がっております!
序盤には勿体無い好カードであるスペイン対ポルトガルは素晴らしい試合でした。


↑スペイン代表の点取り屋
ジエゴ・コスタ

スペインの伝統であるパスサッカー、ポルトガルの堅守速攻、両チームの徹底した戦術、随所に見られる個人技、決勝と言ってもおかしくないくらいの試合でした。結果も3-3の引き分け。
まだまだ、この2チームは楽しませてくれそうです。

さて、間もなく我らが日本対コロンビアの一戦が開始されます。

もちろん日本が苦しむ事が予想されます。とにかく90分ひたすら集中を切らさず人数をかけて守り通して欲しいです。
コロンビアの攻撃陣を封じ込め、なんとか0-0に持ち込み勝ち点1を取れば十分ではないでしょうか。

ところで今日の日本戦、初戦であるし、見やすい時間帯なので多くの方が観戦すると思いますが、
朝からテレビやラジオでワールドカップ初戦の事ばかり放送しているため、なんだか日本全体が浮足立っている感じしませんか?

すでにキックオフまで一時間を切りましたが、表の通りも車の交通量がとても少ない気がします。

さあ、とにかく重要な初戦、心して応援したいと思います。

サッカーは、弱いチームが強いチームに勝てる要素が多分にあるスポーツです。

キックオフを待ちましょう。

信長の野望 天翔記

 みなさんこんにちわ。オマタです。

さてさて。今回もゲームの話ですが。
息の長いシリーズで信長の野望というシリーズがあります。コーエーという所が出してるゲームで30年以上続いてるそうです。

好きな大名を選んで、全国の城を落として天下統一を目指す趣旨のシミュレーションゲームですが、城下の内政が充実してたり、合戦の演出が凝っていたりとシリーズごとに特色が違います。
ちなみに信長の野望というだけあって、織田家贔屓の設定で、配下の武将の数が多かったり能力が高かったりと天下統一しやすい設定になっております。

シリーズは色々あるのですが、今回ちょっとやってみたのは、この一本。
信長の野望 天翔記

これは、武将の成長などがあるシリーズです。

通常は信長とか秀吉と、明智とか、伊達政宗など歴史に名を残す武将は能力が高く設定されていて、年齢関係なく能力が高く使えるということが多いのですが。
この天翔記は 登用したばかりの木下秀吉などは若いため、才能はあるけど経験が少なく能力が低い。
才能があまりなくてもある程度年数の経っている武将は経験を積んで第一線で活躍できるといった特徴があります。
ある意味、人が財産のゲームでもあります。

で、やってみると非常に面白い。才能のある奴を合戦とか政治をやらせていかに育てるか。
また、能力の高い武将に付けて講義させて育てるか。

敵の城をどう落とすか?

調略とかで他の大名家に仕える武将を引き抜いたり。

いろいろ楽しめます。

戦略を練ったりするのが好きな人にはオススメですが、
注意点としてはシミュレーションゲームっつうモノはストーリーが無い場合が多く、気が付くと時間を大量に消費してしまうという欠点があります。
クリア後の達成感は素晴らしいですがパズルゲームとかと一緒で夢中になって時間を消耗してしまうので、
個人的にはストーリーのあるRPGみたいのほうが小説を読んだみたいな後味の良さがあるのでいいかもです('ω')

ゲーム時間のご利用は計画的に(笑)

人と人との繋がり

どもどもうどんです。

紫陽花の花が家の門前で綺麗に咲き毎日いい気分で会社に向かっています^ ^

先日ロボットの練習会が秋葉原であり顔馴染みがいっぱい集まっていました。
かれこれ高校一年生の時からロボットを始め随分とたち、ありがたいことにこの世界では名前をかなり知っていただいています。



6年ぶりに会う人や2年ぶりに会う方なんてのは結構います。

高校時代に負けてその後勝ち逃げされた人が最近戻ってきてやる気が湧いたり、音沙汰のなかったチームメンバーがいきなり現れたりとかなりびっくりすることが多かったです。

人と人の繋がりって面白くてどこかでつながっているのですよね。
東北の大会で会った人は家から歩いて10分の人だったりと世の中の狭さとできていない繋がりがあると感じたこともありました。
結局人との繋がりは繋げることでそれが伝手になり、面白い人生を歩めるものなのだと思っています。
そのためには新しい趣味にチャレンジすることやったことのないことに手を出し自分の経験を増やす、そして続けること。

ロボットでもそうですが続けることで積み重なって勝ち負けの力量にもなります。
続けること何かを理由に辞めないこと。夢と同じですね。
何かを続けることで出来ることも増え、やれることも増えます。

結果人脈は大事笑
最近改めて考えさせられたうどんでした。

大人の絵本

こんにちは、土曜のありこです。

いよいよ梅雨入りしてしまいましたね。
雨の多い今日この頃ですが、部屋で美味しい珈琲を淹れて、ゆっくりページをめくる時間も大好きです。
カフェイン中毒の私は特に、マキネッタでエスプレッソを作るのがお気に入りです。

なにが気に入っているかってエスプレッソを入れた後に出来あがる、圧縮された豆殻のコロンとした動物の糞みたいな物が、可愛いのです。このコロンとした動物の糞みたいな物はその後、ベランダの植物の肥料になります。


さて、以前シュルレアリストの画家ロブ・ゴンザレスの画集が絵本として売られていることを書きました。
絵本は子供用のみにあらず。

大人の絵本…画集としての要素も備えており、大人が自分の頭で感じたり考えたりするのに適した題材であるもの。そんな観点から、また幾つか挙げたいと思います。



まず下記、1950年代に多くのレコードジャケットも描いた画家、ベン・シャーンの作品『ここが家だ』です。
いつぞやの小部屋にも書かせていただきました「第五福竜丸」。核実験で被爆したこの船を題材にした絵本です。

もう5年以上前だと思いますが、神奈川県立近代美術館で開かれたベン・シャーンの展覧会へ行き、原画も幾つか拝見しました。本になるまで、一枚一枚の絵にかけた時間、ゴツゴツした味わい深い描画の一筆一筆に訴えかけたかった気持ちの強さを感じます。時間を空けて読めば毎度、繰り返し心打たれる作品です。




次にユリ・シュルヴィッツ氏の『よあけ』、子供の頃だったらこれを読んでもつまらないと思ったかもしれません。

めくる毎にただ夜が明けてゆくだけの内容なのですが、静謐さの中になんとも言えない奥行きを感じる作品です。都会の喧騒の中で毎日生活していると殊更に、ああ静かな生活っていいなぁ…と、しみじみ思ったりします。




最後に『茶色の朝』、心理学者フランク・パヴロフ、絵はミュージシャン・画家・俳優・映画監督という多彩な肩書を持つヴィンセント・ギャロ、日本人哲学者らによるコラボ作品です。ファシズムについてや、全体主義・大衆心理が誤った道を行った先の闇を描いています。色々な物がプロパガンダ利用され、メディアも政治に忖度する国に生きる者として改めて身につまされ、また一般市民の一人として己の非力さにも苛まれます。



そういえば、Wikiにあったのですが、ヴィンセント・ギャロってグンゼの白のブリーフがお気に入りなんですね!!
映画『バッファロー'66』のプロモーションで来日した際に「碑文谷のダイエーでグンゼ製の下着を3万5千円分購入した」と書いてありました。



それではまた来週。

アポフェス詳細

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

金鳥の夏、日本の夏、アポヤンの夏。

昨年からギターの展示で参加させていただいている歴史ある夏フェス。
「アポフェス見なけりゃ年が明けた気がしねぇ」
とまで言われ始めた伝統の夏フェス。
皆様お待ちかね「アポヤン道ギターフェスティバル」の詳細が公開されました。



でで〜ん。

今年はななんと数えること第3回の節目の記念大会!
節の数え方が変なのは無視してください。
開催期日は8月12日の日曜日。
会場は蕨市文化ホールくるる。
ワラビ駅のすぐ横です。

夏真っ盛りの日曜日ですが、昨年同様開催当日が曇天にさえなればこっちのもの。
海や山の屋外レジャーを諦め、やむなくワラビに集合です。
今年も絶好のインドア日和を期待しております。

万が一、うっかり晴れたとしても、皆さん、古くからの言い伝え、おばあちゃんから聞いたことありますよね?

お盆の時期に海や川、プールで水遊びをしてはいけないよ…
水に呼ばれてしまうよ…
ワラビなら安全だ…

こういうたぐいはキチッと守った方が賢明です。


今年もありがたいことに、展示ギターをギタリストの皆様にホールで演奏していただけることになっております。



「展示楽器試奏コンサート 製作者 野辺シゲカズ、栗山大輔、ネジメ・マリン」

え、私以外全員カタカナ。
ズルい。
しかも、

「・」

ついてる人もいる。
もはや外国人。
オレも来年はカタカナだ。

それから皆さん、展示ギターって、買っても大丈夫なんです!
「聴くのが専門で演奏は、、、」
と思っているそこのあなた。
これはあまり知られていませんが、実はギターって「弾く」以外にも、
「眺める」「集める」
というツウの楽しみ方もあるんです!たぶん。
もし、うっかり弾きたくなっても大丈夫です。
なんとかギターとしてギリセーフくらいの音は出てくれるはずです。

しらんけど。

というわけで、ぜひご来場ください。
今日は以上です。

次回こそ香港奇行の続きを書きます。
さよなら。

ワールドカップロシア大会 開幕



石井の小部屋ふぁいあなるをご覧の皆様こんばんは。

NHKの朝ドラを録画し、まとめて見ている小部屋管理人の石井です。

ついに開幕です!!

ワールドカップロシア大会!!

楽しみです。
ワールドカップと言えば思い出話は無数にあり、語りつくせないほどですが、過去のお話は置いておくとしてとにかくこの一か月を心して過ごしたいと思います。

栗山氏はブラジルが良いと評価しておりましたが、たしかに今大会のチーム作りはとてもよさそうです。ブラジル本来のラテンサッカーを発揮できれば間違いなくベスト4には入って来そうです。

わたくし石井の超オススメチームはずばりスペインです。

最近の国際大会では揮わなかったスペイン代表ですが、ここ最近では本来の強さを取り戻してきました。なんと言ってもWOWOWのスペインリーグ放映で見慣れた素晴らしいメンバー達が一堂に会するのが嬉しくて仕方ありません。

中盤ではJリーグ加入が確定したイニエスタ、ダビド・シルバ(←超好きな選手です)等の円熟期あふれる選手に加え天才イスコや、Rマドリードで頭角をあらわしたアセンシオらの戦力も魅力です。

ディフェンスも面白くセルヒオ・ラモス、ピケ、カルバハル、ジョルディ・アルバなどレアルとバルセロナという絶対的なライバルチームの主力がタッグを組むわけですからたまりません。
個人的には現役の左サイドバックでは最も好きなジョルディ・アルバにご注目下さい。
1試合を通じてサイドバックとは思えないほど、相手陣地のペナルティエリアに頻繁に出没します。

FWは一昔前で言うところのラウールの様な超ド級のストライカーはおりませんが、円熟期のジエゴ・コスタ、イアゴアスパス、ルカスバスケスなどのタイプが違う、色とりどりの選手を擁しております。

とにかくこの期間スーパースター勢の死力を尽くした戦いが見れるのでテレビに噛り付いて観戦しましょう。

たしかに前回大会では栗山氏と、ケイラー・ナバスを中心とした高いディフェンス力に惹きつけられコスタリカを応援しました。

今大会でも新星的なチームを発見し応援もしていこうと思います。

もちろん日本も頑張れ。

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
3
24 25 26 27 28 29 30

リンク