水槽をキレイにしよう!

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

当ブログの管理人石井です。

突然ですが、わたくしは金魚の愛好家です。
愛好家と言っても育てた金魚を品評会に出すとか、そのような事ではなく、ただ金魚を普通に育て上げるという事に情熱を注いでおります。

金魚飼育歴は35年ほど。

皆様もご存じかと思いますが、金魚にも様々な種類がおり、最もポピュラーな和金(お祭りのやつです)、コメット、出目金、琉金、東錦、丹頂など、あげればきりがないのですが、わたくしが最も好きな金魚は和金です。

そう!金魚すくい等で見かけるフツーの姿かたちをしたやつです。

和金の寿命はおよそ7~8年くらい。フナの変種であるため鯉のように長く美しい姿ではなく、フナのように太めの体形でそのまま大きくなるのです。要するに色のついたフナと考え間違いはありません。

金魚すくいで入手した、世間ではすぐに死んでしまうと勘違いされている和金を寿命が尽きるまで大事に飼う。これが私のモットーです。

金魚はすぐに死んでしまうと思っている方!そんなことはありません!

濾過器を取り付けた水槽で適切な飼い方をすれば、むしろお祭りの金魚こそ(病気でなければ)最強の強さを誇るのです。

さて、私が飼っている金魚ちゃんたちは11匹ほど、60センチ水槽に和金、コメット、琉金、出目金が仲良く混泳しており、さらにどじょうが5匹おります。

そんなバラエティに富んだ水槽ですが、ここ最近(昨年12月と今年の1月)忙しすぎて、全く掃除をすることが出来ませんでした。
水槽には壁掛け式の濾過機を2台取り付けておりましたが、水が濁りすぎて濾過が追い付かず、濾過機の本体も不調になってきて水槽内は汚く濁り、ガラス面には以前よりこびり付いていたコケが層になり完全に視界を遮り、これでは観賞魚の意味がありません。

これが、その酷い状況です↓



どうですか?
これでも金魚ちゃんたちは生き生きと泳いでおります・・・強いでしょう。

そんな状況が2か月ほど続き、見るに見かねた私は、新しい濾過機を購入しました。
上部に取り付ける古来からあるポピュラーなものに変更したのです。

水槽の水も変え、ガラスも徹底的にこすり、上部フィルターを取り付け完成。


今回は白濁りが1か月近く取れませんでしたが、ようやく透明で艶のあるきれいな水になりました。




同じ水槽とは思えないですね。

この状況を毎日保ちたいと思い、今では水槽の内側を毎日スポンジでこすっております。

これは年末にやる大掃除と一緒で、年末、一度に大変な掃除をするよりは、毎日マメに掃除をしていれば、労力がとても少なくて済むという事です。

改めて金魚ちゃんたちは可愛いなーと思いました。

皆様にも金魚を飼うことをおススメします。

コツはこれから事細かに当ブログにてお送りしていきますね。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

私も金魚を5匹かっております。その内二匹は卵から育てたのです。メダカもかっております、このメダカは友達が卵で買って孵化させたのをもらいました。
  • 加藤文夫です
  • 2018/02/05(Mon)22:36:06
  • 編集

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク