ビッグイベント無事終了

みんなの大部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

弦楽器フェアが無事終了しました。

今年は個人的に、懐かしく、印象的で思い出深いお客様に多数再会することができ、
それだけで出展した甲斐があったと思える充実感です。

また、他の出展者の方々や知人からご紹介をいただき、例年に無く、多くのギタリストの方に手にとっていただくことができました。
これはとても有り難いことです。
が、そういう大切な時に限って、
イレギュラーなサイズと材料のギターを展示してしまう…
やはり私は持っている男です…泣



しかし、常日頃お世話になっている私の恩人、戸田のマエストロとの出会いも、4年前に出展した弦長635ミリのエステソモデルでした。
ショートスケールのギターは私にとってラッキーアイテムなのかもしれません。


でもですね、この3日間で試奏していただいたギタリストの方々は、きっと自身のリサイタルのステージで、手品やったり、アフロのズラ被ったり、バナナ食べたりすることは絶対しないと思うんですね…



なので、私は戸田のマエストロのことは一旦全て忘れて、最大限にヨソ行きを装って、製作者としての雰囲気やオーラをガンガンに出してですね、まあ、衣装はアポフェスTシャツにジャージですけど、
下手こかないように紳士的に応対するよう心がけました。
するとどうなるか、、、

無口になるんですね…
無口になるとどうなるか、

個性死んじゃう。

と、いうわけで、装っても仕方がないので、
通常営業で乗り切りました。
結果は今後の様子を見守りたいと思います。


ところで、フェア終了後にお客様から得た情報ですが、
あの会場のバイオリンゾーンに凄い楽器があったらしいんですよ…
私は準備も入れて4日間、ウロウロ、ウロウロしていましたが、全く気がつかずでした。

「ガルネリ」

があったんですと…
バイオリンについて、全くの無知ですが、
目には入れておきたかったですな…


では最後に、このフェアで度々感じたことですが、、、
大部屋の読者の皆様や戸田のマエストロと接点のある方々、アポフェスのお客様や関係者の皆様、

栗山が本気で言っている真面目な発言に対して、半笑いで返答しないように!
栗山が本当の事を言うこともあります。
心から感謝することもあるのです。

もはやオオカミ少年です…
いつからこうなってしまったんだ…


4年前くらいかな…

ってことはやっぱりあの人の…



ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

ビッグイベントが終わり、私の気分は早くも年末です。
皆様良いお年をお迎えください。

プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
ギター屋、毒ガス屋、台灣屋、ロボット屋、他、沢山
自己紹介:
ギター屋 栗山
毒ガス屋 小俣
ロボット屋 うどん
台灣屋 ありこ

を中心に、様々な自己中話を投稿していきます。
歴代メンバー
・将棋屋 師匠(2017年8月20日まで)
・クレープ屋 石井(2018年8月8日まで)

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク