渓流釣り

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

先日投稿いたしました通り、岐阜、長野へ人生初の渓流釣りに行って参りました。

車中2連泊という過酷な環境で、山の中に入り込み、釣りに没頭しました。

速乾性のある専用シャツ2枚、パッチ、靴下の上からウェーダーという水に入れる長靴と一体になったオーバーオールを着用し、防水の上着、帽子、色々な道具がくっ付いたカバンをぶら下げ、グローブ、グラサンをかけて完成。



私は暗いところでグラサンかけている人を見ると、アホやろ、、、と思ってしまう古いタイプの人間です。(知人、お客様、良い人は例外です…笑)
この日は雲っていたので、断固グラサンを拒否したのですが、このグラサンは反射光を軽減する偏光グラスというもので、水中の岩の状況がよく見え、安全に歩くことができ、茂みを歩く際に目を守る役目も果たすとのこと。
止むを得ず、曇り空の下、しぶしぶグラサンを着用しました。

車中泊した甲斐があり、一番乗りで川を登って行きます。

渓流釣りは基本的に下から釣りながら、徐々に上流に登っていくようです。
そして魚がデリケートな為、人が入った辺りは極端に釣れなくなります。
また、後から入った人が先行者を追いぬかし、上流に登るのはマナー違反とのこと。
よって、一番初めに川へ入ることがとても重要になります。



このような雰囲気が延々と続きます。
場所によっては身の危険を感じる箇所も沢山あります。
写真を撮る余裕もないくらいです。

釣り開始。

川下から川上へ、ルアーを投げ、流れに沿って泳がせ、回収。
川の横から対岸へ向かって投げ、泳がせ、回収。
岩陰に投げ、アクションを入れながら泳がせ、回収。

あの手この手で魚を誘います。

しかし、なかなか釣れません。
エキスパートの友人も全く釣れません。

魚がいないのか?と思いきや、足元を時折スーッと泳いでいたりするのです。
魚はいる、だけど釣れない。
なぜか…

海釣りでこういう時、私はいつもお魚の立場に立って考えるようにしています。
イワナちゃん、アマゴちゃんの気持ちになるのです。

川上から川下へルアーを流すのですが、これがどうも流れが速すぎて、うまくルアーが泳いでないのではないか?
美味しそうに見えてないのだ!
と、考えました。
試しに川の流れに逆らってルアーを水につけてみたところ、
とても美味しそうな泳ぎをしています。
しかし、だからと言って川下へ投げて川上で回収することは不可能です。
小さな滝壺が無数にあり、必ずひっかかります。

そこで、2メートルほど糸を出してリールをロックし、滝壺の少し下あたりにルアーを入れてみたところ、これが見事に沢を登っていく美味しそうな小魚に見えました。

イケそうな感じ…

と思った瞬間、いきなり釣れました。



20センチくらいのイワナちゃんです。

友人からは釣り方が邪道、といわれました。笑
調子に乗った私はルアーを変えてみました。
小魚の形をしたルアーから、
スプーンと呼ばれる、釣り堀、管理釣り場専用のルアーへ。

スプーンでは難しいと思う、との助言がありましたが、
栗山式渓流釣り、の可能性を探ってみました。

結果、釣れました。笑

15センチくらいのイワナちゃん。
しかし、この方法、全く達成感がありません…

そろそろ正面から渓流釣りにぶつかっていくことにしました。

やはり、なかなか釣れません。
ルアーを追いかけては来ますが、食いつきません。
たま〜にお触り。
そして、2、3度追いかけると、もう見切られてしまいます。
反応なし。
次のポイントに移動します。

想像以上に繊細な生き物です。

尺サイズと呼ばれる30センチを超えるものは、下手くそがやるとワンチャンスだと言います。
一投で仕留めなければ釣れません。

で、友人が尺サイズ、釣りました。



見事な33センチ!!

私も翌日、ようやく正統派の方法でアマゴちゃんを釣ることができました。



しかし、釣れても釣れなくても、このような大自然の中で遊ばせてもらえるのは本当に最高です。
来年は何度か行くことにします!

初日の夜、山を下りて、集落唯一の定食屋へ食事に出かけました。
地元のおっさん、おじいさんが、ほぼ毎日開催されていそうな飲み会で盛り上がっておりました。
若者2人の来店はかなり珍しいらしく、おっさん達に大歓迎されました。

「俺は今日、シルバーをクビになったんだぁ〜〜!!」(80歳)
おっさんの世界も色々大変そうですが、
クビになってもこのハイテンション!

やたら焼き鳥を食べさせられました。
地元愛の強いおっさん達にとって、愛すべき地元の川へ他県から若者が泊まりで釣りに来ている、ということが琴線に触れたようです。
社長!とよばれていた親分が特に地元ラブな方で、
次この店に来た時は、店のお母さんに言って、必ず俺を呼べ!

付きあってやる!!!

と言われました。

えっ!
そこは

おごってやる!!!

じゃなくて、、

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
6
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク