高くなったキリンのCD

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

ほぼ毎日、午前中はTBSラジオを聴きながらギターを作っています。
優雅にクラシック音楽を聴きながら製作していると思われていた方には、夢をぶち壊してしまい、どうもすみません。

「伊集院光とらじおと」「ジェーン・スー生活は踊る」の流れです。

ちょうど今も聴いています。

約30年続いていた大沢悠里さんの番組から1年半前に伊集院さんへバトンタッチされてどうなるのかな…と心配していたのですが、伊集院さん流石です。
その後のジェーン・スーさんについては、未だ魅力がよく分からないのですが、毒蝮さんのコーナーも継続されていますし、何より、ジングルやBGMで「キリンジ」が流れるので聴いています。

今日は皆さんに今さらですが「キリンジ」をご紹介したいと思います。

182センチ146キロ、柏市出身、二所ノ関部屋所属、最高位は東の関脇。
押し、突っぱりが得意なのは「麒麟児」です。

「キリンジ」は相撲取りではありません。

「キリンジ」は元々、兄弟で結成されたバンドで、現在は弟さんが脱退し、そこへ5人が加わり、2−1+5=6人で活動されています。

漫才師の中川家とは逆で、素直に、大きい方がお兄さん、小さい方が弟さんです。

私が高校2年の頃に聴いていたラジオでパーソナリティさんが「知り合いがインディーズでとても良いCDを出した…キリン柄の紙ジャケットで…」という紹介で一曲流れました。

意味不明の歌詞ながら訳のわからない説得力があり、静かで聴いたことのない雰囲気。
頭の中で繰り返しているうちに妙に気に入ってしまい、
なんというか、味わいのある…噛めば噛むほど…渋さもあって…
例えるならスルメのような感じです。

初めて自分で、欲しい!と思ったCDがこのアルバム「キリンジ」です。

早速、受験の下見で上京したついでに渋谷のタワレコに行き、
買いました。



4曲入りですが、
隠しトラックが1曲あり、タイトル不明のこの曲は最高傑作の1つと思っています。



後に「癇癪と色気」というタイトルでアルバムに収録されましたが、歌詞もアレンジもかなり変わっていました。

声がボソボソすぎて何て言ってるか解らない箇所も多数ありますが、歌詞が解ったところで意味不明なので別にいいです。


そうです。

私にとってキリンジの魅力とは、音と言葉のリズムがとても心地よい、というところなのです。
歌詞も音として聴いてしまうので、その意味はどうでもよくなります。
しかし、意味不明と言っても日本語としては成立していますので、深く読み解いたりするファンも多いようです。
が、邪魔くさいので私は考えたことがありません。

その意味不明の典型がこちらの「牡牛座ラプソディ」です。



真面目に歌詞を読むと笑えてきます。

羽毛より軽い骨をもつ奴、俺は
血の売り買いを手早く済ます
顎が鳴る つばきが飛ぶ 金が唸る
采をふる手も麗しい 本当と嘘の匙加減

学生時代といえば、初対面の人からやたら
「どんな音楽聴いてるの?」
という質問が定番中の定番。
もっと他にない?と思いつつも

「キリンジいいよ〜」
「え?相撲取り?」
「いや、漢字じゃなくてカタカナのやつ」
「知らない、CD貸して!」
「いいよ」

で、すぐに返却されます。

誰にも理解されず枕を濡らす日々。

そうしたら今年になって、テレビから懐かしい歌が流れてきました。

LINEのCMで、キリンジの「エイリアンズ」
15年以上前の名曲。

歌っている弟さんは、既に脱退していますが、
ここにきて知名度急上昇。

ただ、「エイリアンズ」にはスルメ感があまりありません。
これ名曲、とすぐに解ってしまいます。



しかしテレビから聴こえてきた時はなんとも言えない嬉しさがありました。
今までこの名曲を放置していたこと自体が信じられないですが…



ちなみに、勝手に時効と判断しますが、
某楽器屋に勤務していた暗黒時代、キリンジのお兄さんがお店に来店され、修理をしたことがあります。
これは少し震えました。
楽器屋での数少ない嬉しい出来事のうちの一つとして記憶に残っています。

そして、最近、中古のキリン柄のCDが凄く高くなりました。笑

昔、ヤフオクで100円くらいで出品されていたのを放っておけずに買ったやつが3枚くらいあります。
欲しい人がいたらあげます。

皆さまも、ぜひキリンジワールドをお楽しみください。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク