リングアナの美声

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

昨日の石井氏の記事にもありましたように、村田選手が見事WBAミドル級の新チャンピオンとなりました。
本当におめでたいです。

ところで皆様、試合前のリングアナの名調子はお聴きになりましたか?


私が石井氏に薦められ、WOWOWに加入し、「エキサイトマッチ」を見始めたのが4年くらい前だったと思います。

それまで、地上波で放送される、日本人が出場する世界戦しか見たことがなかったのですが、
この「エキサイトマッチ」は毎週世界中で行われている魅力ある猛者の試合が放送されており、欠かさず観戦しております。

ビッグマッチは大概ラスベガスで開催され、
そんな試合で毎回と言っていいほど、リング上で見かける男性がいます。

マイケル・バッファー、もしくは、ジミー・レノンJr 、両氏のいずれかです。

人気を二分する名リングアナです。

私が初めて見たエキサイトマッチで一番感動したのは、試合ではなく、ジミー・レノンJr氏のアナウンスでした。笑

格闘技の選手紹介アナウンスといえば、

「あ〜か〜〜コ〜ナ〜〜〜」

から始まり→暴力的に名前を叫ぶ、というのが定番です。

ジミー・レノンJr氏のアナウンスはこれとは一線を画すものです。

先日の試合のアナウンスをぜひご覧ください。



激しく打ち鳴らされるゴングを合図に始まり、
美しい声に、滑らかでありながら心地よい独特の抑揚、
日本人の名前、土地の名前の発音も実に丁寧で、

「ニッポンノ ボクシングファンノミナサマ コンバンハ!」

と、挨拶を入れる気遣い。
そしてなんと言ってもこの決め台詞。

「イ〜〜〜〜〜ッツ ショウタァ〜〜〜イム!!!!」

です。※ラスベガスではこの言葉に合わせて更にリングが明るくなり観客は大熱狂

今回もテレビ越しに鳥肌でした。

コールを受ける村田選手の嬉しそうな表情も印象的です。

この試合は疑惑の判定と言われた試合の再戦でしたが、対戦相手のエンダム選手が紹介された際に、ブーイングではなく大きな拍手で迎えた観客のマナーの良さも、素晴らしい試合の一部として印象的でした。

それから、やたらと画面に見切れるボブ・アラム氏(85歳)が縦横無尽にウロウロしていて、試合直後で慌ただしい村田選手に話しかけて立ち話、表彰式を見守るジミー・レノンJr.氏に話しかけて立ち話、、、
試合中でもリングに上がることが許されそうなくらい無敵の振る舞いは、さすが大物プロモーターといった雰囲気でした。

この日はレフェリーも現役最高とされるケニー・ベイレス氏。

選手、リングアナ、レフェリー、ビッグプロモーター、、
両国国技館がラスベガスになったようなもので、現地に行けるものであれば行きたかったです。

とにかく、ジミー・レノンJr.氏のアナウンスはいつか絶対にライブで体感したいと思います。

ちなみに、ダンディーで映画俳優のような風貌のマイケル・バッファー氏のアナウンスも、最高にカッコイイですよ!

プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
ギター屋、毒ガス屋、台灣屋、ロボット屋、他、沢山
自己紹介:
ギター屋 栗山
毒ガス屋 小俣
ロボット屋 うどん
台灣屋 ありこ

を中心に、様々な自己中話を投稿していきます。
歴代メンバー
・将棋屋 師匠(2017年8月20日まで)
・クレープ屋 石井(2018年8月8日まで)

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6
8 10 11 12
15 16 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク