発芽の条件

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

先週の中頃から風邪なのか喉の痛みと珍しく熱を出しまして、と言っても37.5℃くらいです。
それが3日くらいつづき、なんとも微妙な加減で、
発熱初日は意外と元気だったので、ギター作りをしてみたところ、1時間くらいでヨレヨレになったので、30分くらい昼寝してみると復活。
また1時間作業してヨレヨレになって30分寝て復活、の繰り返しで過ごしました。
熱が何日も続いた経験がほとんどないので、翌日には治る予定にしていたところ、翌日も同じ調子のサイクルで過ごしました。
僅かに僅かに治ってきているような感覚でしたが微熱はあり、確かにダルい。
3日目にもなるとリズムが板についてきて、あまり疲れてないのに1時間くらいで横になりたがる自分がいました。
結論からすると、インフルエンザだったんじゃないか?ということです。
長嶋監督語録でいう、いわゆるひとつのインフレです。



というわけで、春ですね。
実は家庭菜園というか、小学校でアサガオを育てて以来、初めて、種から植物を育ててみようと思い立ち、寒い時期から楽しみに準備しておりました。

日中が暖かくなり始めた約3週間前に、タマゴパックに穴をあけ、土を敷き詰め、種まきをしまして、日中はベランダへ、寒い朝夕は作業部屋へ、と、
毎日せっせと世話をしておりました。
モノの本には7日程度で発芽する、とのことでしたが全く反応が無く、困っていたところ、

「あんた発芽に必要な3条件ゆうてみぃ!」
と家の長から言われましたので、
「水、温度、太陽」
と、答えたところ、
「でたでた!その間違いはアホが一番はまるやつや!
発芽に太陽はいらんのや!水、温度、空気って理科で習ろたやろ!」

というので、調べたらその通り。
その日以来、常に暖かい作業部屋にかくまって水やりしました。

しかし、全く芽がでません。
今一度、種を買ったお店のHPやガーデニングのハウツーページを見たところ、
「植物によっては発芽に日光が必要なものもある」
とのこと。

いやー本当に自分のあまりの無知っぷりにホレボレします。
知ることの喜び。

その頃、ちょうど昼夜暖かい気候になってきていましたので、ベランダで発芽をジックリと待つことにしました。

しかし、ダメです。
気配が無い。

悪環境が長かったので、既に種が腐ったりしているのだろう…と考え、心機一転、残りの種をもう一度撒いて一から出直し!と思い、家の隅に置いていた種の袋を探すも、無くなっている…
まさか!!と思い長に訊ねたら、

「中身を確認したら空やったから捨てた!」

「空やない!見えんほどちいさい、ちいさ〜い種なんや!」

ショック大。

ため息を吐きつつ、新たに種を買いに行くか、再注文しようと決め、その前に念のため、念のため、万が一もあり得ると思い、ベランダを確認したところ、、、



祝、発芽。
芽がでていたので喜びもひとしお、というところです。

生命とは素晴らしいですね。

水、温度、空気、の発芽条件の元ネタは、今も昔も小5の理科の「インゲン豆」だそうです。

脱脂綿の上で発芽したインゲン豆の姿が記憶の彼方に確かにあります…

それではまた次回。

プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
ギター屋、毒ガス屋、台灣屋、ロボット屋、他、沢山
自己紹介:
ギター屋 栗山
毒ガス屋 小俣
ロボット屋 うどん
台灣屋 ありこ

を中心に、様々な自己中話を投稿していきます。
歴代メンバー
・将棋屋 師匠(2017年8月20日まで)
・クレープ屋 石井(2018年8月8日まで)

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6
8 10 11 12
15 16 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク