九龍城探訪

こんにちは、土曜のありこです。

今は無き「九龍城砦」。
なぜこんなにそそられるのかは分かりません。


この本(というか写真集?)は、たまに眺めます。
インタビューも充実していてお気に入りです。
ものすごく生活感ある話が、最初から最後まで詰まっています。
忘れた頃に引っ張り出してきては現実逃避するのにうってつけです、笑。



約四半世紀ほど前に取り壊されて無くなってしまった、
閉鎖的な雰囲気のスラム、香港の一角にあった無法地帯。


黴臭そうで、ジメジメしてそうで、狭くて暗くて迷路のような建物の密集体。

大陸から香港へ潜り込んで来た人たちの魔窟…。


香港へ行くと看板がせり出した建物群は見慣れた景色なのですが、
ここは、なんと斜陽の似合う一角なのでしょうか。



法の及ばない、衛生検査も入らない地域だっただけに、肉屋さんや麺屋さん、
結構やりたい放題であったというような内容も書かれています。
ゴキブリとか沢山いたんだろうなぁ…。
関係ないけど、水虫のことを中国では「香港足」って言うんですよね。


この九龍城には歯医者がやたらと多かったというのは有名な話…。
下の写真の「牙」という字があるのは全部歯医者です。



もちろん無免許医だそうです。



この歯医者さんで歯を治療される時の気持ち…想像してみてください。
どうですか?背筋の辺りがゾワゾワ来ませんか?笑


迷路のように入り組んでいた上に、屋根の上に部屋を積み重ねたりしたりで
郵便局員が郵便物を配達する際は混迷を極めたようです(左下)。

どうですかこの建物の角度…積み重なり具合(右上)。崩れ落ちそうでゾクゾクします。


動画も幾つか貼っておきます。
これを見ながらまた現実逃避したいと思います。







ではでは、また来週…

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
24 25 26
27 28 29 30 31

リンク