クリスマスに聴きたいアルバム

こんにちは、昨日から地元へ帰省中のありこです。
シーズンなので、クリスマスに私が聴くとしたら…というアルバムを5枚挙げてみます。

■Minako Yoshida / BELLS

Wikiにジャンル:ゴスペルと書かれています。
当初86年は3千枚限定として出され、オークションでは10万の値がついたと言われる有名なアルバム…
の、これは再販のバージョンです、笑。
声質の美しさ。圧倒的な実力を感じます。


■Vince Guaraldi / Jazz Impressions Of A Boy Named Charlie Brown

言わずと知れた、スヌーピーの曲たちです。
可愛らしいジャズ。


■Mateo Stoneman /Under The Moonlight

キューバ人のピアノ弾き語りで、ブエナビスタソシアルクラブとも交友のある方ですが、キューバっぽさは微塵もありません、笑。
スタンダードジャズとオリジナル2曲。温か味のある素朴な仕上がり…ヴィンテージマイク2本で一発録りした盤だそうです。


■Adriana Partimpim / partimpim Tles

アドリアーナカルカニョットが子供たち向けに作った作品で、アーティスト名が彼女の子供のころのあだ名、パーティピムになっています。
ブラジルだから南国なのだけれど、この玩具感がなんとなくクリスマスっぽい気がするのです。
外国の子供向け教育番組なんかで使われてそうなノリ。勝手なイメージですが、クリスマスパーティでみんながプレゼントを持ち寄って…もしくはサンタが置いて行った玩具を翌日子供たちが封を開ける…そんな雰囲気。


■zazie / von einem anderen stern REGEN:TROPFEN

これはもう、内省的にもほどがある!!という、暗い暗いアルバム。
アンビエントというかエレクトロカなのか、はたまた環境音?ドイツの女性アーティストです。
なんというか…廃墟感がものすごいアルバムです。
盤面とかジャケはこんなに可愛いのにですよ?

エクソシストのサントラに入ってそうな雰囲気でもあり、どこか違う星へワープ出来そうな感じでもあり。
雨音…足音…ひそひそ話声…
クリスマスに震え上がるような恐ろしい空想にふけってみるのもなかなかオツです。

-------------------------------
クリスマスに聴きたいアルバムについてはこれくらいにしておきます。

一昨日、また私の周りの方々はよくご存じのあの早稲田にあった老舗ロックカフェのかよこママ主催による忘年会へ行って参りました。そこへ来ていた友人から、こんな可愛い手ぬぐいやマカロンをいただきました。

日本橋の東海道五十三次の浮世絵のパロディで「東海道五十サンタ」とあります。
絵の中、絶妙にあちらこちらに聖夜が紛れ込んでおります。

明日の夜、東京へ戻ります。
戻ったら年末の大掃除開始です。
みなさまもどうぞ、素敵なクリスマスをお過ごしください!

プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
ギター屋、毒ガス屋、台灣屋、ロボット屋、他、沢山
自己紹介:
ギター屋 栗山
毒ガス屋 小俣
ロボット屋 うどん
台灣屋 ありこ

を中心に、様々な自己中話を投稿していきます。
歴代メンバー
・将棋屋 師匠(2017年8月20日まで)
・クレープ屋 石井(2018年8月8日まで)

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク