聲の形

みなさんこんにちわ。オマタです。
栗山氏のニャン、かわいいですねぇ。NPO法人からニャンを譲り受けるのに難関試験があるとは知りませんでした(笑)

さて今回はマンガの紹介です‎。

聲の形
「こえのかたち」と読みます。
大今良時 作
週刊少年マガジンで連載されていたようです。






‎2016年秋付近にはアニメ映画化されていましたが、同時期に放映されたアニメ映画「君の名は」の影に埋れた感があり、あまり話題になんなかった作品です。ちなみに自分はどっちも観ておりませんので映画の評価はできません(*´▽`*)


なんとなく画風が好きで、前々から読んでみたいマンガでしたが、古本屋で全巻セットが安く売っていたので熟考の上、購入。

「耳の聴こえない少女の物語」くらいの前情報しかなかったので、内容に衝撃を受けました。
主人公が高校生の物語ですが‎、たぶん社会人になってから読んだほうが衝撃がでかいです。子供の頃とか高校生くらいの複雑で微妙な心情を描いている秀作ですね。

‎で、感想ですが、まあ正直に言ってかなりエグいです。いじめの話なんで。

主人公はかなり腕白坊主で小学生後学年の時に、耳の聞こえない少女をいじめて‎転校させてしまいます。それ故に一緒にいじめていた仲間たちや見て見ぬふりをしていたクラスの人たちから悪者扱いされいじめられてしまい、孤独な中学•高校時代を送っていました。まあ人間不信みたいな感じになってるんですね。
で、少女と再開し、仲間を増やし、映画を作って行くみたいなストーリーなんですが。
いじめていた側には当然負い目があり後悔があり自分のどうしようもない過去を消したい、みたいな描写があるんですが。
いじめられていた側にも同じように、クラスを壊してしまった。主人公を孤立させてしまった。みたいな後悔や葛藤がでてくるんですねぇ。。。


誰しも思春期の時期に抱くであろう、孤独感や、人間不信、ニヒル、みたいな言葉で表せない人間の心情をマンガでしっかりと表現されています。登場人物一人ひとりの性格とかもリアルに表現されていて。「あ~高校のころこ~ゆ~見栄っ張りな奴いたわ~」みたいに思うキャラとかも出てきます。

「この漫画に出会えてよかった」と思わせる作品です。一読を推奨します。

By omata








この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
ギター屋、毒ガス屋、台灣屋、ロボット屋、他、沢山
自己紹介:
ギター屋 栗山
毒ガス屋 小俣
ロボット屋 うどん
台灣屋 ありこ

を中心に、様々な自己中話を投稿していきます。
歴代メンバー
・将棋屋 師匠(2017年8月20日まで)
・クレープ屋 石井(2018年8月8日まで)

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
3
8 10
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク