驚異の瞬間 その②

おはようございます。

小部屋管理人の石井です。

今日は早朝から小部屋をアップしてみたいと思います。早速、前回の続きをお送りしますね。

まだまだ、激しい打ち合いを予感させる1R目が終わると会長は二人にアドバイス。
細かいことは忘れてしまいましたが「もっと体を振れ」とか「一発で当てようとしないでパンチを捨てろ」みたいな事を言っていたような気がします。

1分のインターバルが終わり2R目開始の合図が鳴り響きます。

両者、先ほどのラウンドよりも近い距離でジャブを放ち、できるだけ攻勢を取ろうと目論んでおります。AKがジャブを数発放ち距離を詰めワンツー。これが軽くヒット。すぐにMRが右ストレートをボディに放ち、続いて左フック、右フックと返すとこれもヒット。
MRが距離を詰めるとAKのワンツーがヒット。のけぞったMRに追撃を行うと今度はMRが必死にクリンチをして後続打を打たせず、離れ際に左フックを見舞うという一進一退の攻防が続きました。

距離を測りリングをサークリングしながら様子を伺う二人。再びAKが仕掛けると、待ってましたといわんばかりにMRがカウンターを狙いましたが、そのパンチは頬をかすめる程度。
代わりにAKの軽いジャブが数発顔面を捉えたのでした。しかし、すぐさま体勢を立て直したMRはAKをコーナーに追い詰めると上下左右に打ち分けた連打を開始。AKも負けじとめちゃくちゃな連打で応戦し、まさにリングは”仁義なき戦い”へと突入したのでした。

ボコッ、バシッ、とかそういったような音がジム内に響き渡り、とにかく出すパンチはほとんど当たるので、見ていてこちらまでわき腹が痛くなってくるようでした。

激しい打ち合いの中2R目は終了。

お互い、肩で大きく息をしながらインターバルを過ごしており、疲労が色濃いせいか、会長のアドバイスなどほとんど聞いておりませんでした。

そして、運命の3R・・・が始まる前に、話は前後しますが、後に仲良くなったMR君の愛すべきキャラクターが垣間見えるエピソードをご紹介。
(解りやすく私とのQ&A方式で書きます)

石井「ボクシング経験があるようだがどこのジムに通っていたのか?また、どのような練習を行っていたのか?」

MR「自分は山奥から通っており、普段は山の辺りを走っているため足腰が強くなってスタミナがついた気がします。通っていたジムというか習っていた場所は、喫茶店をやっているボクシング好きのおじさんが自宅に作ったジム(←ごの時点で大丈夫か?という気になりました)で練習をやっておりました。リングはとても狭く、万が一スパーリングをやると、狭いので打ち合うしかないのです。また、唯一ジムに合ったサンドバッグは、天井からつるした鎖が外れ、ある日突然”ずどーん”と落ちてきました。そして、二度とぶら下がることがありませんでした。はい」

石井「そのジムを移籍したのは何故か?」(←聞くまでもない)

MR「はい。やはり、ボクシングが大好きですし、プロ志望でやっている為、このようなジムで続けるのは厳しいと思いました」

※注釈 ボクシングのプロテストを受けるには日本ボクシング協会加盟のジムに所属しなければなりません。協会には毎月ライセンス料のようなものを支払うので、アマチュアのジムや趣味でやっている程度のジムにはとても払うことが出来ない。

MR「ある日、プロとしてやっていきたいのでジムを移籍したいから退会させて欲しいと告げると、頼むから辞めないでくれと月謝が下がりました。それでもたまに退会したいと告げると、どんどん月謝が下がり、最後にはただ同然になりました」

そりゃ、プロとしてやりたいなら移籍したほうが良いに決まってますね。

後は、MRがアマチュアの試合(デビュー戦)に出場した時ですが、この試合は見事に勝利。
普通は試合終了時判定がアナウンスされ、その後、審判が勝者の手を挙げ、お互いが挨拶し、相手のセコンド陣営に挨拶しに行きリングを降りるのですが、勝者としてコールされ手が挙がると、あまりの嬉しさに、相手にもセコンドにも挨拶せず「やったー」と言いながら、すぐにリングを降りて一人で勝利の余韻に浸っていたのを思い出します。

また、喫茶店のおじさんがちゃんと教えなかったせいか、拳を守るバンデージの巻き方もめちゃくちゃ。移籍してきてようやく本来の巻き方を覚えたのでした。

そんな愛すべきMR・・・

話を元に戻しましょう!

ついに最終ラウンドである3Rが始まります。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
25
26 27 28 29 30

リンク