おすすめマンガ

こんにちわ。週一執筆のペースでもネタ切れするオマタです。

仕事人間として生きる自分は、オタク趣味全開にしないと執筆が追いつきません。


てなわけで、本日は、マンガの話です。



くらげバンチというマンガ週刊連載サイトに掲載されているお気に入りのマンガです。

仕事一徹の私としてはこのような二人に羨望の念を禁じえません。(使い方あってる?)

表題のとおり、働いていないふたりを題材にしたニートマンガです。
このふたりは兄妹です。

この手に多いのはオタク趣味を題材にしたり、ニートを助長するような内容だったりですが、

このマンガは標準的なニートマンガとは一線を画し、ただただ、だらだらとくだらないことをしながら毎日を暮らす兄妹の生活を描いているだけです。特にクセもなく読みやすく、情報性も乏しい(このマンガを読むことによってなんかやってみよう!みたいな感想も得られず)、人情話とかでもないのですが、不思議と二人に引き込まれて何度も読み返してしまいます。

インパクトを売りにして、読者に衝撃を与えるような物語は多いのですが、このマンガのような作風は非常に高度な物語構成と画力によって得られる素晴らしい作品だと自分は思っています。

大げさではありますが、人間というものの微妙で繊細でかすかな心境や心の揺らぎなどを文体で表現した明治期の文豪の作品に通ずるような、また、手塚治虫や上田としこといったマンガ界の先駆け達の作品に通ずるような感じがして、気に入っいるマンガ作品です。

By オマタ











プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
ギター屋、毒ガス屋、台灣屋、ロボット屋、他、沢山
自己紹介:
ギター屋 栗山
毒ガス屋 小俣
ロボット屋 うどん
台灣屋 ありこ

を中心に、様々な自己中話を投稿していきます。
歴代メンバー
・将棋屋 師匠(2017年8月20日まで)
・クレープ屋 石井(2018年8月8日まで)

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
6 7 8 9 10
12 13 15 16 17
19 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク