高野豆腐攻略法

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

先日お知らせした『芸「大」コレクション』展、行って参りました。
横山大観から最近の卒業制作まで、年代、ジャンル共に多岐に渡る展示で、最後まで飽きることなく、しかも涼しく楽しめました。
オススメです。

横山大観
栗山大輔

けっこうおしい…

今日は「未来少年コナン」ネタを用意していたのですが愛情が深すぎてうまくまとまらず…
芸大コレクション展の流れから、前々回に引き続き栗山コレクションの1つを、強制的にご鑑賞いただきます。


受験対策専門の画塾では試験でどんな物体が出てきても怖気づくことがないように、様々な、形、質感、のモチーフを次々に描きます。
その為、どう考えても日常でありえない組み合わせも多々あり、それが際立ったのが
「トイレットペーパーと高野豆腐」
です。



トイレットペーパーのフワフワ感と高野豆腐の乾いて、軽くて、硬い感をどのように表現するか、がポイントと思われます…

まず全体をやや濁らせて高野豆腐特有のマットな肌触りを再現、エッジとコントラストを強調しつつ、四角形の面出しを意識して硬さを演出し、仕上げに上面の窪みを描き込んで乾燥している風味を出し、見事に攻略できたと自画自賛。

制限時間終了とともに、約20名ほどの生徒の絵が一斉に張り出され、順番に先生からの講評。
画塾名物、頭ごなしの辛口批評連発の中、自信満々で私の番。

「栗山、お前の高野豆腐は腐っとるんか?」

と、想定外の酷評…

黒すぎる!
というのです。
こちらの意見を聞くこともなく一方的にドヤされて…チッ

白いもの同士の組み合わせで3時間も与えられたら、黒くなって当然やろが!!
と今ならブチ切れますが、
褒められて伸びるタイプの典型だった当時の栗山少年はひどく落ち込みました。

しかし、いま改めて見てみると、画面左上部分のトイレットペーパーは、かなり稚拙な線を引きまくっていますが、やはり高野豆腐の質感は見事に表現されていると思います。

まあ、なんでもかんでも批判したがる人って、いるんですよね!笑

とりあえず、トイレットペーパーの上に高野豆腐を乗せる、という大変貴重な経験ができたのですべて良しとしましょう。

次回の名作もそのうちご紹介致しますので、強制的にご鑑賞いただきます。
お楽しみに!

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク