浴衣の帯

石井の小部屋をご覧の皆さんこんにちは。
師匠でございます。

夏と言えば浴衣。
この時期、浴衣姿でお出掛けになる方をよく見かけます。

その着こなしで重要なのが帯。
今日は、帯にまつわるお話。


帯の素材も、正絹(絹100%)、綿に限らず、夏用の麻、ポリエステル等。

ポリエステルは、手頃でお手入れも簡単ですが、帯を締めた感じが何となく緩い感じがします。

街中を歩いていても、解けにくく、しっかりとした締め心地を求めるなら、正絹がオススメです。

とはいえ、花火大会の当日に浴衣一式揃えて自身で帯を結ぶのは至難だと思いますので、お店のスタッフの方に頼む方がいいと思います。

最近では、マジックテープ式のワンタッチ帯もありますので、手軽さならこちら。

ベルトのように真横に締めるのではなく、帯の前方をお腹の下目に締めた方が格好良く見えますので、出来たらチャレンジしてみて下さい。

帯を締めたら、足を肩幅くらいに開き、膝を曲げて腰を落とす「股割り」をやると、足元の裾捌きが楽になります。

ここまでできればバッチリ!
夏本番、楽しんで下さいね。


この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
25
26 27 28 29 30

リンク