のび太の宝島

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

最近、「のび太の宝島」公開に合わせて、WOWOWでドラえもん映画が一挙放送されています。

リマスタリングというのでしょうか、大昔の作品が眩しいくらいに美しくなっています。
本当に薄目にしたくなるほど彩度が凄いです。

何を隠そう私は「竜の騎士」以降のドラえもん映画は全て、映画館で観ております。
もちろん「宝島」も既に観てきました。

昨年の「南極カチコチ大冒険」が、なんかジブリっぽいやつがやたら出てくる…とか、喜怒哀楽の表情がいちいちウケ狙いで気持ち悪い…など、気になる要素が色々ありながらも、近年稀に見る冒険が前面に出た内容で、話がグイグイ進むところも含めて昔のドラえもん映画に戻ったかのようで楽しめました。

と、いうこともあり、今年の「宝島」にも期待。
脚本は「君の名は」のプロデューサー、ヒットメーカー川村元気氏。

でしたが、、、

私の感想としては、星野源さんの歌だけがやけに耳に残った…という感じです。笑

以前にもPerfume の歌だけが頭の中でループする、といった時がありました。

自分が子供の時の感覚と今の子供の感覚の違いもあるので、昔が良いとか今のが良いとか、よく解りません。

昔のドラえもんは話が単純で解りやすく、内容の描き方が荒いながらもそれを凌ぐワクワク感で気にならず、一気に見終わる感じだったと思います。

最近のドラえもん映画も話は単純ですが、昔ドラよりも細やかに描かれているが故に、突っ込みたくなる箇所がむしろ目立つというところが多々あるような気がします。
今回の突っ込みどころは、「宝島」なのでもちろん「海賊」が出てきますが、ほぼ出てきません。←変な日本語ですが…
宝を集めている目的もよくわかりません。
色々と詰め込んでいるので話がなかなか忙しく、また技術の進歩で描くことも易しくなったからか、絵もかなり忙しいです。

とにかく、

ドドドドドドドドドッド〜ラえもん〜♪

という感じです。

まぁ、子供時代に観た物には色々と当時の感動フィルターもかかってますので、どうしても贔屓してしまいますし、一番問題なのは、今テレビで放送されているドラえもんを私が全く観ていない、ということなんだと思います。
それでも、キャラクターの声にはすっかり慣れてきて、違和感無く観られるようになってきました。

そういえば、映画でドラミちゃんが出てこないのは珍しいような気がします。

それではまた来年。
アイヤイヤチタオ。







プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
ギター屋、毒ガス屋、台灣屋、ロボット屋、他、沢山
自己紹介:
ギター屋 栗山
毒ガス屋 小俣
ロボット屋 うどん
台灣屋 ありこ

を中心に、様々な自己中話を投稿していきます。
歴代メンバー
・将棋屋 師匠(2017年8月20日まで)
・クレープ屋 石井(2018年8月8日まで)

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
6 7 8 9 10
12 13 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク