春の奇行に注意

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

昨日、栗山ギター被害者の会の方から食事に誘われまして行って参りました。
もう人生の大先輩といえるくらいのお歳の方です。
そこで言われました。

「栗山さん、色々と模索してますね」

???

詳しくお話を伺ったところ、どうやらトーレス、ハウザー、エステソ、バルベロ等々、色々なモデルで作っているので、方向性や製作について迷いに迷っていると心配してくださっていたようです。
この時点で、「石井の小部屋ふぁいなる」の読者ではない、ということがハッキリしましたので、きちんとぬかりなくチェックしていただくようご案内しました。
模索など一切していないことがご理解いただけると確信しております。


ところで、最近街を歩いていると、普段とはひと味違った人や虫が賑やかに生命力いっぱいで湧いてきているように感じます。

春ですね。

そういえば、Kロサワ楽器店に勤務していた当時、毎年春の訪れを告げる風物詩がありました。

H氏というスタッフが
毎年決まって3月になるかならないかのこの時期に
「俺この仕事辞めます!今回はマジです!」
と、高らかに宣言するのです。
冗談ではなく毎年いたって本気です。

あぁ…今年もそろそろ…

と、石井氏や小俣君と共に、この春の知らせにニヤけておりました。

H氏と親交のあった、すでに退職した元スタッフから聞いた話ですが、
「5月に結婚するから仕事を辞める」
という、今年は例年よりもパンチの効いた春のお便りが、電話で直々にかかってきたとの事です。
辞めていったスタッフにまで今も尚、春一番の報告を怠らないとは、律儀な男です。

ウソみたいなホントの話はこのへんにして本題です。

昨日テレビで「きょうの料理」をボンヤリと観ていました。
ギター製作者とは、平日の昼11時半にテレビを観ることができる素敵なニートなのです。
今時分の料理番組は、新ジャガや春キャベツなど、見ているだけで美味しそうな食材のオンパレードでワクワクします。

昨日は春キャベツのメンチカツを作っていました。
卵を付けて、パン粉を付けて、150度の油に入れるその時、私は見てしまったのです。

フライ鍋。



こうやって、



こうです。
※この画像はきょうの料理ではありません。もっと美味そうでした。

なんとも機能的なもので、とにかく使いやすそう。
また先生の鍋の使い方があたかもコマーシャルのようにいちいち美しく、見惚れてしまいました。
すぐさまネット検索したところ、

「ラ・バーゼ 鉄揚げ鍋」

というものらしい。
お値段、約¥13000 た、たかい…
しかし、レビューを読むと、、、

・何年も迷って損した!もっと早く買うべきだった!
・快適!最高!料理が楽しくなった!
・油はねしない!

絶賛に次ぐ絶賛。

こういう時はアマゾンです。
するとなんとアマゾンアウトレットで、商品に微かなキズがあります、箱に凹みがありますので、お値段約¥8000 1点限り。

ラッキーーー!!!

カゴに入れて、お会計して、注文確定を押して、
よしっ!オッケー!

…。

えーっと、、、なんでフライ鍋を買った?

別に探していたわけでもない。
困ってもいない。
そんなに頻繁に揚げ物をする訳でもない。


春か…


まだ手元に届いておりませんが、
近いうちに春キャベツのメンチカツを作り、
ラ・バーゼの素晴らしさをご報告いたします。

皆さんも春にご注意ください。

今日はこれから藤子不二雄ミュージアムに行って参ります…

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク