成都…

みんなの大部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

毎週月曜日が中国語のレッスン日ということで、
昨日が初日。

「愛人」と書いて「妻」という意味である。
体験レッスンで習ったこともバッチリ復習して準備万端。
iPhoneのキーボードにも中国語の手書きを導入し、
出だしはいつも通りヤル気に満ち溢れております。



これだけ汚い文字から、見事に「您」を導き出す優れものです。

ピンインの聴き取りを少しだけ訓練していた甲斐もあり、言葉の意味は解らないながらも、出だしはまあまあ読めているようで、
褒められちゃって褒められちゃって…

褒められて伸びる部門 杉並区30代男子代表の栗山にはぴったりの先生です。

しかし本当に発音が難しいです。
経験したことのない音を続けて発していると、頭が混乱して軽くパニックになります。
慣れるしかないとは思いますが、道は険しそうです。


で、レッスンが終わって帰る支度をしていると、、、

「栗山さんはギター弾けますね?」

と訊かれました。
ギターを作っているとは言ったけど、、、
弾けるとは言っていなかったはず、、、しかし、
なんとなくここは、
弾けます!
と応えたほうが良いような気がしまして、、、
少しだけ弾けます!
と返したところ、、、

中国語の入り口として、歌を覚えると良いと思って作ってきました!



中国で近年流行った歌を、和訳して、わざわざピンインまで書いて、極め付けはギターの楽譜までフル装備!
弾き語りセット一式を用意してくださっていたのです。

こ、これは…
親切だなぁ…
なんとか期待に応えなければ…

まさか人生で初めての弾き語りが『成都』とは、さすがの私も全くの想定外でした。

それにしてもありがたいことです。
脳みそ若干溶けかけの栗山に、本気で教えようというこの心意気。
ヤル気スイッチが久々にオンになったような気がします。

そういえばミゲル(スペイン語の先生)も手作りで色々と工夫して教材作ってくれていたな…
なんであんまりスイッチ入らなかったんだろうか…


とにかく、可愛らしい先生に見捨てられないようにがんばります。

ちなみに、先ほどの「您」という文字ですが、



このくらい崩れていても表示されますし、



ここまで繋げても大丈夫です。



ホコリみたいな「点」にも反応してくれます…
見事です。

皆さんもぜひ、使ってみてください。

プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
ギター屋、毒ガス屋、台灣屋、ロボット屋、他、沢山
自己紹介:
ギター屋 栗山
毒ガス屋 小俣
ロボット屋 うどん
台灣屋 ありこ

を中心に、様々な自己中話を投稿していきます。
歴代メンバー
・将棋屋 師匠(2017年8月20日まで)
・クレープ屋 石井(2018年8月8日まで)

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク