牛の難産

みなさんこんばんわ。オマタです。

栗山氏から要望があったので、家畜の小ネタを入れます(笑)


え~。テレビではよく牛とかの難産がドキュメンタリー形式で放映されてたりします。感動的ですね。
しかし、牛のような形をしている動物は、本来、難産になりにくい形態なのです。

一部の犬は品種改良が進み頭がでかくなりすぎて、自然出産ができない品種もいたりします。

じゃあ、なぜ牛のお産は感動的なのか?
そもそも牛などの食植生動物は天敵に襲われにくい夜間に出産する傾向があるようです。

で、人間は夜に寝ていたいのです。なので、人間は電灯をつけて監視し、脚が出てきたら引っ張っぱったりと牛のお産に介入します。それが母体のストレスとかにつながり難産になるといわれております。


実は、家畜のお産は、時間はかかりますが人間が介入しないほうが難産になりにくい、という研究結果もあったりするらしいです。しかし、生まれてくる牛の赤ん坊には、莫大な労力がかかった末に生まれてきてさらなる利益を生み出す存在なので、死産にでもなれば農家さんの損失は計り知れないのです。

P.S.牛の赤ん坊は本当にかわいいです(笑)


プロフィール

HN:
性別:
非公開
職業:
ギター屋、毒ガス屋、台灣屋、ロボット屋、他、沢山
自己紹介:
ギター屋 栗山
毒ガス屋 小俣
ロボット屋 うどん
台灣屋 ありこ

を中心に、様々な自己中話を投稿していきます。
歴代メンバー
・将棋屋 師匠(2017年8月20日まで)
・クレープ屋 石井(2018年8月8日まで)

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク