台湾映画

こんにちは、土曜のありこです。
気分を出すためにただいま凍頂烏龍茶を飲んでおります。

本日私は、エドワード・ヤン監督没後10周年記念の『台北ストーリー』(80年代の作品)を観て来たのです。
感情表現が分かりやすく典型的な外弁慶ツンデレ女性と、朴訥として人が良すぎて損するばかりだけど相手を絶対に見捨てない男性。
生活の匂いがして来そうな雰囲気。
全編に漂うそこはかとない倦怠感。
これ以上書くとうっかりネタバレをポロリしそうなのでやめておきます、笑。

エドワード・ヤン監督の作品は他に『ヤンヤン夏の思い出』が大好きだし、主人公の相手役や製作脚本を手がけたホウ・シャオシェンの監督作品では『非情城市』『恋恋風塵』、綺麗事では終わらず歴史的悲哀、兵役や今も置かれている台湾の国際事情、悶々と考えさせられたせいか、観てから長年経った今も記憶に残っています。
台湾は親日として知られていますが、そんな彼らに甘えてラブラブしていては本当の意味での相互理解には程遠い気がします。我々の国は歴史上、加害者でもあったわけです。それは、過去のことであろうと歴史に刻まれた以上は水には流せない、関係性を築く上で忘れてはならない事実です。『非情城市』などは特に、それを直視し、真摯に受け止め、同じ過ちを二度と繰り返さないような未来を改めて心から深く望むに至った作品でした。

---------------------
さて、ここからひとつだけ、広くあまねく老若男女関わらずな皆さまにお勧めな内容です。
台湾の友人に「何かお勧めの映画ない?」って聞くと十中八九、名前が挙がるのは『海角七号』です。10年近く前ですが、現地では大変なヒットであったようです。邦人も出演しており、バンド演奏場面もあるし、日本でも割とメジャーな映画館でやっていたのではないでしょうか。恐らくご存知の方も多いように思います。

懐かしくなって、棚から海角七号のDVDを引っ張り出して参りました。もうすっかり忘れていましたが、こんなものが入っていた!(台灣限量導演版とあるので日本版の『海角七号 君想う、国境の南』には付いていないかもしれません。)

↑アルミの街区表示板

そもそも外袋を開けると…映画の中に登場する手紙がしまわれていたであろう木箱を模した箱が…
DVDの他に、切手のようなものと、ネガのようなものも(何に使うんだ)

さらに物語の本筋に関わる何枚にも渡る手紙が入っており(リアルで芸が細かいぞ、クリック拡大可)

さらにさらに、中身の書かれていない便箋と封筒が一枚ずつ。封筒の糊付けする部分に「あなたの心の中に、送れなかった手紙や話せなかったことはありますか?それを綴って送ってみましょう!」みたいなことが小さく印字されている。

その便箋と封筒は使いませんでしたが、該当の住所「台湾恒春郡海角七番地」へ手紙を送ると、映画のスタンプが押されて返ってくると噂に聞いたので、私も試しに葉書を送ってみました(通常であれば架空の住所なので「あて所に尋ね当たりません」的なスタンプだけのはず)。
これがその時に返ってきた葉書とそのスタンプです↓ちゃんと映画のスタンプが右上に押されています。



なにこのエンターテインメント性!
郵便局挙げての協力っぷり。

ちなみに海角七号が流行った当時の音楽はこんなのがあります。最初にこの台湾のミュージシャンを知ったのは香港に居た時なのですが(詳しくはまたいつか)…。

なかなか見かけない形のメガネです。

あ、映画から話が逸れてしまった。

---------------------
映画に話を戻します。

父の初七日
ご存知の方も多い作品かと思います。邦画のおくりびとより直接的な笑いと申しますか、冒涜感ありすぎでシュールです。そこがまた愛すべきところでもあります。

楽日
古い映画館の閉館を扱った、静かで湿度の高い哀愁漂う映画。古いものを大事にする台湾の文化が好きです。
この作品はハリウッド映画が好きな方にはちょっとキツいかもしれません。誰かと一緒に観に行くと隣で盛大に鼾をかかれるような、ヌーヴェルヴァーグ時代の映画を好んで観るタイプにはお勧めをします(もうお気付きかもしれませんが私はそっちのタイプ)。
日本も、古い映画館や単館映画館はこれからもずっとあって欲しいですね!


そんな私はいま、これまた気分を出すために現役の台湾農家バンドのCDを流しています。


それではまた土曜にお会いしましょう!

蔵の中

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんにちは。

一昨日、栗山氏に突然の代打をお願いした小部屋管理人の石井です。

ボクシングネタの続きは次回に先延ばしするとして今回はリニューアル後初の映画ネタをお送りします。

蔵の中/高林陽一監督(1981年)

ストーリー

ある日、磯貝の経営する雑誌社に、「蔵の中」という小説が持ち込まれるのです。胸を病んでいる美青年・蕗谷笛二と名乗る男が、「ぜひあなたに読んでほしい」と持ってきた小説で、常日頃から持ち込み小説など読まないと豪語している磯貝は美青年の妖しい魅力に惹き込まれその小説を読み始めるのですが•••

場面代わって蔵の中。
ここには胸を病む美しい姉小雪が生活をおくっております。
ここへ看病に来た弟・笛二は、彼女を慕い看病するうちに、やがて「蔵の中」で男女の関係を結んでしまうのです!!

ある日、蔵の中の退屈しのぎに、遠眼鏡で外を見た笛二は、ある光景を目撃します。

それは、磯貝三四郎が、愛人・お静の家に通っている光景でした。

そこで、磯貝と愛人とのさまざまなやりとりを、遠眼鏡越しに目撃することになります。(笛ニは読唇術にも長けている)

遠眼鏡で磯貝と愛人との一部始終を目撃した笛二は、次第にある「確信」を得るようになるのです。

それは、磯貝が妻を殺した、という確信。
そればかりではなく。
愛人のお静もまた、磯貝によって、首を絞められて殺されてしまうという確信を得るのです。

つまり磯貝は、妻と愛人の両方を殺したという事になります。

それが、薄暗い蔵の中から、ずっと遠眼鏡でのぞいていた笛二が出した結論でした。

まあ、こんなお話ですが、磯貝を演じるのは中尾彬。当時、若くてめちゃくちゃイケメンです。

持ち込みの小説を読んで磯貝は驚愕するのですが、それもそのはず、磯貝は殺人など犯していないのです。

これは笛ニの幻想なのか?
それとも別の真相があるのか?
こんな話だったと思いますが、何と言っても印象に残っているのが、姉小雪役を演じる松原留美子さんの恐ろしいくらいの魅力にあります。
 
蔵の中に暮らす聾唖者で胸を患っている役どころなのですが、なんと言うか、蠱惑的、退廃的、妖艶な魅力の様なものが、ごちゃごちゃにアンバランスに融合したような美人で、この映画を見た、当時中学二年生の私は、ものすごく惹かれるのに、あまり人には言ってはいけないような後ろめたさを感じたのでした。

この後ろめたさ•••27年後になって、納得したのですが、まあビックリ!

この映画をレンタル屋で借りて見たのが今から27年前。当時は今の様に簡単にインターネットで情報を検索したりは出来なかったので、特にこの映画の事を詳しく調べたりはしませんでした。

昨日、小部屋に書こうと、この映画の事を調べ、主演の女性について調べ(そういえば綺麗な人だったな•••名前なんて言うのだろう、みたいな)

27年経過した今、その情報を見て驚きました!

当時の私を悩殺した主演の松原留美子さん、実はニューハーフだったのです!

えっ!本当に!(だってこんなにキレイ)
と思いながらも妙に納得がいきました。
元々、姉と弟で通じるという近親相姦の情景もあるので、見ていて後ろめたさを感じるのも当然かもしれませんが、それ以外にも感じるものがあったのは松原留美子さんの特異な性質にあったのですね。(正直、女性より女性らしいかも)

今ではこのような方は多様に活躍されておりますが、元々モデルとして活躍していながら後に男性である事が発覚したそうです。
(当時は相当の驚きを与えた)

蔵の中は絵草紙、能面、枕絵なども飾られている妖しい空間。そこで繰り広げられる秘事。蔵の窓から望遠鏡で磯貝を観察する姉と弟。
笛ニにも魅力を感じてしまいそうな磯貝。

退廃的であり幻想的な魅力もある映画なので、暑い夏に是非!
というほどオススメしませんが。

何故か突然思い出した映画「蔵の中」をご紹介しました!

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
24 25 26
27 28 29 30 31

リンク