スティーブン・キングの作品

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんばんは。

小部屋管理人の石井です。

本日は私の好きな作家であるスティーブン・キングについてお送りします。

スティーブン・キングと言えば言わずと知れたアメリカを代表する大作家です。アメリカを代表するなんて言うとベタな言い方かもしれませんが決して大げさな表現ではありません。

代表作も挙げればきりがありませんが映像化された作品からキングの名前を知った方も多いのではないでしょうか。
有名作品だと「スタンド・バイ・ミー」とか「シャイニング」「キャリー」「ペット・セメタリー」「ミザリー」などがありますし、個人的にも大好きな「ショーシャンクの空に」「グリーン・マイル」等、素晴らしい作品が映画化されております。

しかしキングと言えば小説。
ズバリおススメを数点ご紹介させていただきます。


・11/22/63
ケネディ暗殺を阻止するためその時代にタイムスリップした高校教師の苦闘を描く超大作。キングの面白さが多分に盛り込まれた超おススメ本です。


・ ダークタワー
文庫本にして15冊にも及ぶ超々大作。すべての作品にリンクしておりキングワールド全開!長いですが読む価値あり!


・ ゴールデンボーイ
「刑務所のリタヘイワース」「ゴールデンボーイ」の中編からなる作品。
刑務所のリタヘイワースは「ショーシャンクの空に」原作。
この2編が一冊で読めてブックオフなどで108円で買えるなんて読書好きにはたまらないです。ゴールデンボーイはナチの戦犯と少年の奇妙な交流を描く秀作です。二人の精神的な関係性の描写は見事です。

キング作品はまだまだおススメがありますが、実は読むのが苦痛な本もあるのです。これはキングファンなら周知の事実ですが、なんともダラダラと、くどく、展開がいつまでも続かないのでは?と読者を不安にさせるほどの文章があるのです。
なかでも個人的に読むのを断念した本がこの二冊。
・ トミー・ノッカーズ
・ 回想のビゥイック8
基本的に読み始めたらどんなつまらない本でも読破することを心がけている私でも読むのを断念しました。
あまりにも続きが気にならなかったので・・・

薬物依存症になったキングですがトミーノッカーズはこの時期に書かれたそうで、どうりで・・・と感じてしまいます。

幼少のころから本を好み1973年(26歳)には作家デビュー。
今年、71歳になるキング氏ですが、近年ではさらに創作意欲が増し、良い作品を書き続けております。
まさに、円熟期。
これからもまだまだ彼の本を読んで小部屋でも取り上げさせていただきます。

キング氏の最も好きなところは、彼自身がこよなく本を愛し読書が好きであるという事。
本が好きな人間なら感じる特有の空気感が作品に表れております。





最近、風邪をひかなくなりました

みなさんこんばんわ。
オマタです。

うどんが風邪をひいたそうですね。その記事を読んでそういえば最近自分は風邪をひいてない事に気がつきました。以前と違い冬でも体調を崩さなくなりました。おかげで仕事を休む事ができません(笑)

やはり、電車に乗ることが少なくなったのが‎要因かと思います。満員電車は危険です。風邪の菌がたくさんいますよきっと‎。冬場に少し電車に乗るだけで軽く風邪気味になり驚きました。以前は毎日、通勤で乗っていたんですから。しょっちゅう風邪引いてましたね。
今は、私用で出かけるときもバイクに乗ることが多いので。電車に本当に乗らなくなりましたねぇ。

あとは、寝る時間でしょうか。基本的に22〜2時の4時間は睡眠をとっています。この時間帯は成長ホルモンが分泌され身体を修復し体調を整えるらしく、この時間は熟睡することが望ましいらしいですね。ちなみに江戸時代の武士は夜7時くらいには就寝していたそうです。まあ余談ですが。
モデルさんなんかも、22~2時の間に必ず睡眠をとるなんて方も多いらしいですねぇ。

外の滞在時間が長いのも要因でしょうか。意外と冬場に屋外活動しているほうが、体の調子はいい感じな気がします。
やはり風邪の菌とかは人のいるところで増殖し、人の居やすい環境にたくさんいるんでしょうね。「人混みには行かない」自分にとっては精神衛生上でも重要なんです。

健康にはまったくといっていいほど気を使ってはいませんが、以上の3点は気を付けております!

まあ、そんなこんなで、うどんさん。お大事に!!!

ケンタッキーダービー

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

法事などの用件もあり、ゴールデンウィーク期間中に絶賛帰省しております。
この絶好のタイミングで、2日(水)に神戸ノエビアスタジアムでFC東京の試合があります。
これは行くしかありません。
平日開催の遠くのアウェーは雰囲気最高です。
そして5日(土)は川崎フロンターレ戦。
なかなか忙しいです。

ところで、今週末は「ケンタッキーダービー」です。
毎年5月の最初の土曜日にケンタッキー州チャーチルダウンズ競馬場で開催される3歳牡馬世界最高峰のレースです。

私は毎年ネットのライブ中継などで観戦しておりますが、
はっきり言って出ている馬の名前は一頭も知りません。

それでもあの雰囲気が好きで、
死ぬまでに1度は現地で体験したいと思っている幾つかのイベントのうちの一つです。

昔ながらの競馬場が醸し出す田舎感、そこに収まる着飾った観客の雰囲気、ダートコースの泥んこ加減、全てがカッコイイ。

日本で話題になる海外レースといえば大抵は芝のレースです。
青々とした芝生の上を鍛え上げられたサラブレッドが躍動する姿はとても美しいです。

しかし、ケンタッキーダービーは芝コースではなく、ダート(砂)コースなのです。
馬が気合いと根性で力走するダート特有の感じは、他の有名芝レースには無い魅力だと思います。

しかも、自分の勝手なイメージですが、2回に1回くらいの割合で、コースがもの凄いドロドロの状態で開催されているような気がします。
これが本当にワクワクします。
昨年もヤバイくらいにドロドロのグッドコンディション。
天気は良いのにコースは泥んこ。
その水はけの悪さといったら凄いです。
田植え前のような状態の中を、20頭の馬が一斉に駆け抜けるわけですから、もうドロッドロです。
走り終えると、ジョッキーのカラフルだった勝負服が全員キタサンブラックカラーです。



今年も期待してます泥んこレース。

そしてなんと言っても、
観客みんなで歌う「My old Kentucky home」が流れる中で、
出走馬が入場してくるあの雰囲気。
感動ものです。



ラッパのファンファーレもシンプルで最高です。
毎年この太っちょのおじさんが吹いているように思いますが、気持ち痩せたり、気持ち太ったり、毎年肉体改造しています。

それにしてもケンタッキーの歌って耳に残りますね。



それでは皆様、良いゴールデンウィークをお過ごしください。

ラジオから流れてくる曲は・・・

石井の小部屋をご覧の皆様、どもども石井です。

皆様はラジオを聞くことがありますか?

私は結構ラジオを聞くのが好きです。

以前より漠然と感じていたのですが、ラジオから流れてくる曲ってなんとなく良く聞こえてしまう気がします。

私の場合、一日の用事が全て終わり、寝る前に本を読みながらラジオを聞きますが、この時DJのおしゃべりが多すぎると本に集中できないので、出来るだけ曲を沢山かけてくれる番組が好きです。
まあ、うるさくないノリだどNHK-FMなんかがおススメです。良質の番組が多いですからね。
おススメの番組はいずれご紹介するとして、先日ラジオを睡眠前に聞いていた時に感じた事があるのですが・・・

先述したようにラジオから流れてくる曲は翌聞こえる気がします。なんとなく曲の品格が上がるような印象を受けますが、これはこの番組を聞いている時、その本人がリラックス状態にあるという事が条件だと思いますが、皆様もそのような印象を受ける事ありませんか?

そんな感じで流れてきた曲がこれ

Sade - Nothing Can Come Between Us


何度かラジオで耳にしたことがありますが、改めて聞くと、都会的で洗練されたサウンドが素晴らしく、ドラムとベースが奏でるリズムなど心地よすぎです。

一日の終わりにこんな曲を聞きながら眠るのは至福の時間だと感じました。

ちなみにこの曲。こんなに都会っぽいイメージなのにレコーディングはフランスのど田舎にあるスタジオで行ったそうです。

サウンドというものは面白いものですね。


風邪をひきました…

どもどもうどんです

思い切り風邪をひいてしまいました…
唾を飲み込むだけで喉が痛く頭がいたい…

ここまで重症は久しぶりですよ…
梅干しとらっきょう、あとにんにくを買ってきてこれでもかと言わんぐらいに食べれば昔はすぐに治ったのですがやっぱり25にもなると抵抗力がないせいかけろっと元どおりとは行きませんね…

GWですが大人しく寝ております( ; ; )

風邪をひいたらお早めに対処を(TT)

ラッカは静かに虐殺されている

こんにちは。土曜のありこです。
黄金週間突入ですね。



先日『ラッカは静かに虐殺されている』を観てきました。


たぶんご存知ない方も多いかと思いまして、これは最初に書きたかったのですが、
この映画はAmazon Studio提供なので、Amazon Prime会員の方々は無料配信で観れます。
当方も知らずにわざわざ映画館へ赴きましたが、願わくばそのお金は強者の国の映画制作側ではなく、リスクを承知でRBSSを立ち上げたメンバーのお見舞い金となれば幸いです。





このハイネマン監督の『カルテル・ランド』というメキシコの麻薬組織についてのドキュメンタリを見たことがあります。
全く未知の世界でした。


シリアについても、後藤健二さん殺害事件の時に注目されたものの、それ以降あまり報道されていないので、能動的にネット等で情報収集している方以外は現在どうなっているのかあまり知らないという方が多いかもしれません。

映画のパンフレットの解説部分に出典として記載されていたサイトですが、
今年の3月、先月の時点ではこういう状況なのだそうです。


映画の総評については正直申しまして、オフィシャルサイトに寄稿していらっしゃる著名人のコメントよりも、
Amazonでレビューを書いている方々(★の数が多い人も少ない人も含めて)のコメントが客観的なのでご参考までに。

この映画を観ての個人的な感想としては、平和な日常と戦争の惨劇は実は薄皮一つを境にしていて、例えば生まれた土地がそこであれば誰の身にもふりかかることであるのを改めて感じるのは言うまでもありませんが、それより何より
世界に顔を晒している出演者達の今後が心配…。
映画になったことで金銭的な支援は受けられるかもしれないけれど、イスラム国の思想を支持する組織は世界中に点在しているわけで、リスクがはかり知れないのでは、と。


映画を観終わって、抱えていた荷物の、VIRONのハードパンから香ばしい匂いがしてきて、そうだ、友人お勧めのシュマンケルシュトゥーベのレバーパテと一緒に食べるんだったと思い出しながら席を立ちました。でも、そんな平和な国に住む自分が少し後ろめたい気持ちにもなった夜でした。



ところで、安田純平さんってどうなったのでしょう?
ヌスラ戦線に拉致されてもう3年近くが経つんですね。

ではではまた来週…。

トランクケース

みなさんこんばんわ。
オマタです。

最近、物欲がなくなってきております。というより、外に出かける気がせず、家に引きこもりっぱなしなんですが。

で、そんななか近所の中古ショップにてトランクケースを発見。

以前よりあこがれがあって、持ってみたいと思っておりました。が、トランクケースってあんまり売ってないんですねぇ。キャリアー付きのスーツケースとかは大量に売ってるんですけどねぇ。時代に逆行するのって難しいです。

なんとなく、トランクケースって寅さんのイメージで、これを持って旅行とかしてみたいなぁ。と考えておりました。

アルミ製のとかもあると思いますが、ちょっと重そうですよね。
ちなみに荻窪の方に、海外で買い付けたヴィンテージショップがあるそうで、おしゃれなトランクケースをたくさん売ってるそうです。行ってみたいけど、遠くて出向く気がしませんねぇ。

で、熟考の上買ってみたのですが、トランクケースというにはちょっと小さいですねぇ。
本気を出して、持ち物を厳選して、衣類は圧縮袋とか使えば行けそうですね。一泊二日くらいなら。


そんなに柄とか気に入ったわけではないのですが、家に持って帰ったら結構、いい感じでした。旅行だけでなく、収納ケースとかノートパソコンの持ち歩き用とか色々使えそうですし。

このケースで今度、気が向いたら旅行でも行ってみます!

By omata

疑惑の苗

石井の小部屋をご覧の皆様こんにちは。
栗山です。

弦楽器製作者協会より会費の振り込み用紙が届きまして、
今、舌打ちしながらネットで振り込みを終えたところですが、
今年の弦楽器フェアにはどんなのを展示しようか、ぼちぼち検討を始めております。

最後、2択でどちらが良いか悩んでいます。



帆有りでいくか、帆無しでいくか…

やはり帆無しの方がカッコイイですよね。
でもせっかくだから広げたい、というのもあります。

当日のお楽しみということにします。

それからですね、栗山の育てている「苗」について、
何の「苗」なのか?を明かしていないわけですが、
あいつはなんかヤバイものを育てているんじゃないか?
という疑いの眼差しが向けられているように感じております。

これについては、めでたく花が咲いた時に
「これはいったい、何の花でしょう?」
というのをやりたいが為に、正体をお知らせしていないだけで、

正解は、、、、?

「けしの花!」

という流れも、可能性としては残しておきたいところですが、
栗山は法を犯すような勇気はありません。
あくまでも法の範囲内で暴れておりますので、ご安心ください。

念のため、今現在の写真をご覧ください。



丸い葉っぱです。
検索したところ、ヤバイ葉っぱの場合は、発芽した段階で

オレだぜ!

という形をしているらしいので、これで疑惑は晴れたと思われます。
しかし、生き物ですので急に予定変更して葉っぱがギザギザしてこないとも限りませんので、逐一ご報告したいと思います。


しかし、種を撒いて発芽して以来、栽培することの楽しさを感じておりまして、他にも何か珍しいものを育てたいと思い、
色々と検討、検索しているのですが、
その一つとして「カカオ」が候補になりました。
チョコレートの原料である「カカオ豆」を収穫し、自家製チョコレートを作ろう、との思いです。
しかし、カカオが育つのは「カカオベルト」と呼ばれる地域だけ、とのことで断念。
その次に「コーヒー」が候補になりました。
もちろん「コーヒー豆」を収穫して自家製コーヒーですね。
しかし、コーヒーが育つのは「コーヒーベルト」と呼ばれる地域だけ、とのこと。断念。

ベルト、ベルト、、、我が家はいったい何ベルトなんだ。

現在、栗山ベルトでも栽培可能な珍しい植物を鋭意探索しているところです。

ちなみに、地植えしているレモンは隔年で良い感じで実っていますので、おそらく関東周辺にお住いの小部屋読者の皆様ベルトでも栽培可能だと思います。

皆様もぜひお住いのベルトに適した植物をお調べの上、栽培をお楽しみください。

新聞を変えてみた

石井の小部屋ふぁいなるをご覧の皆様こんにちは。

小部屋管理人の石井です。

本日は新聞についてお送りさせていただきます。

このご時世、新聞を購読する方が減っているそうです。活字離れで本も売れなくなっているそうですが、なんせ世の中にはスマホが普及し簡単にニュース等の情報を入れることが出来ます。

そりゃ、新聞なんて読まなくなるでしょう・・・と言いたいところですが、私個人としては新聞を読むのが好きです。

休みの日にのんびり新聞を読む。理想的な午前中ですが、あくまでも理想であってそのようなのんびりとした午前中が無いのが悔しいのです。

さて、まずは新聞の契約についてです。新聞は携帯電話の契約と似ており、継続には大したサービスが無く、新規のお客さんにはとてもやさしく手厚いサービスを行うのです。

諸事情により新聞の契約と解約を定期的に繰り返している私ですが、ある時、出来るだけサービスしてもらえないかと考え、ネットで様々な情報を調べました。すると、限界までのサービスでは半年契約で一か月サービスくらいではないか。どのように頑張ってもそのくらいが限界だろう。みたいな情報を入手しました。
近所の新聞屋(この一帯を完全に牛耳っているつもりで調子にのっている)に電話して、契約したいから来てほしいと告げると、すぐに担当が来ました。
はっきりと「久しぶりに取りたいから出来るだけサービスしてほしい。二か月くらいタダにして」と告げると、さすがに二か月タダは無理ですが、半年契約してくれれば初月は無料にします。との事。やはりネットにあった情報通り。

半年契約で一か月ただ。

これは黄金比率のようです。しかもその日は下旬というか二十日頃。向こうから今月分もただにしておきますとの事。

これで半年契約で一か月と二十日サービスという事になりました。さすがにこれなら良いだろうという気分になり半年契約しました。皆様もこのサービスについてはご記憶下さい。

しかもこの契約、面白いのが途中で解約しても特に文句は言われないのです。

半年後に再度半年契約し、その後二か月ほどで解約したのですが、特にお咎めはありませんでした。

その後、三紙ほど主要な新聞を読み比べてみましたが、これも各社の特徴が如実に表れており面白いと感じました。

さてさて、次回は読み比べた新聞の感想と、さらなるサービスにつながったお話です。

地味ですみませんが。

蜂とフナムシは嫌っす!

みなさんこんばんオマタです。
つつじがきれいに咲く季節がやってまいりましたね!

春になり虫の活動が活発になったからか、最近、仕事場に蜂がきます。アシナガバチだったり、クマバチっぽいやつだったりしますが。
時期的に早い気もしますが、おそらく巣作りだと思われます。
なんか毎年くるっぽいですねぇ。燕だと嬉しいのですが、蜂は怖いんで歓迎しません(笑)
会社には時期に関係なく蜂を退治する殺虫剤が常備されております。

蜂だけではなく猫やカラス、謎の鳥などもやってきたりしますが。。。


ゴキブリなんかももちろん出没します。
そして意外に嫌なのがフナムシです(笑)
日常生活ではあまり縁のない生物だとは思いますが、
海がそばにあるのでうちの会社内にはフナムシが出ます‎。時々ですが。

岩場とかなら、「なんか変なのがいるな」くらいにしか思いませんが、建物内にフナムシが出現するどう対応したらいいのか‎わからなくなるもんです。
潰すのもなんか嫌だし、ゴキブリよりもすばしっこいので殺虫剤を取りに行く間に消えているし。

写真を張ろうかと一瞬考えましたが、気味が悪いのでやめておきましょう(笑)

たしか海水がないと生きていけない生き物だったので、ほっといてもへ外へ移動するか、干からびて死んでしまうので、とりあえずその場は見て見ぬふりをしたオマタでした。

プロフィール

HN:
マンシー•カマラ
性別:
非公開
職業:
クレープ屋、ギター製作家、毒ガス管理業、台灣、ロボット職人
自己紹介:
はじめまして。
・石井(クレープ屋)
・栗山(ギター製作家)
・オマタ(毒ガス管理、散布業)
・うどん(ロボット職人)
Kロサワ楽器を自主退社した4人と
・ありこ(台灣)
・師匠(2017年8月20日脱退)
が加わり、日々様々な自己中話を投稿していきます。
動画も多数公開予定ですので乞うご期待!!

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
24 25 26
27 28 29 30 31

リンク